MEG

MEG(MONTROSE)

ペニー株MEG(Montrose)のプロフィール

モントローズ社は、規制遵守、許認可、コンサルティングから、廃水コンサルティング、排出ガス試験サービスまで、発電業界向けにさまざまなサービスを提供しています。 米国およびカナダの便利な場所に拠点を置き、発電業界特有の要件に対応した統合サービスを提供しています。

モントローズ社の試験サービスには、発生源試験、ラボ分析、LDAR、大気モニタリングなどがあります。 技術者は、最新の発電技術に起因する粒子状物質(PM)、窒素酸化物(NOx)、有害大気汚染物質(HAP)などの低濃度汚染物質を測定・定量化するために使用する試験方法の多くを開発してきました。

発電用ガスタービンから排出されるホルムアルデヒドを正確に測定する新しい試験方法を開発し、規制値を大幅に下回っています。熟練したチームメンバーのおかげで、アメリカとカナダの何百もの発電所で何千ものテストを成功させてきました。

モントローズの環境許認可・規制遵守チームは、発電所のクライアントが米国内の連邦・州・地域の規制を達成し、遵守を維持するための支援を行っています。

モントローズ社の土壌・地下水浄化チーム、計画・生態系コンサルティンググループ、水処理チーム、エンジニアリンググループは、タンク基礎の小規模な地盤調査から、100エーカーを超える石炭灰流域の閉鎖まで、あらゆる課題に対応したサービスを提供してきました。

モントローズ社は、大気許可やRight-To-Knowレポート、SPCC、PPC、FRP、SPR計画の策定とトレーニング、緊急流出対応の監督と閉鎖、二次封じ込め設計、ダム評価などのコンプライアンスサポートを提供してきました。発電所の設計、建設、運用に関連する最も複雑な問題を日常的に解決しています。

2021年Q1の決算

EPSは-$01.0でわずかにMissでした。売上高は$133.82Mで大幅にアナリストの予想を上回りました。売上高が伸びてEPSが落ちているため、販売管理費がかさんだのでしょうか。コンサルティングが主業務となるため人件費でしょうか。3四半期ほど売る上げが伸びているのに粗利益があまり伸びていません。流動比率が111%とやや心もとないです。
伸びる分野だとは思いますが利益率がかなり低い企業です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です