BLNK (Blink Charging Co.)

おすすめペニー株BLINKのプロフィール

Blinkは、交通機関による温室効果ガスの排出を削減することで、気候変動の抑制に貢献することを使命として設立されました。Blinkは常に、EV業界の牽引役であり続けます。電気自動車の成長と適応への道を切り開き、Blinkは革新的なEV製品とビジネスパートナーシップを提供し続け、業界を前進させています。

Blinkは、電気自動車の充電を可能にするためのインフラを構築しました。これは、10年以上前からBlinkが注力してきたことです。業界をリードする機器と公共の充電ステーションの強固なネットワークにより、BlinkはEVドライバーの高まるニーズを満たすために必要な充電インフラの開発を続けています。Blinkの多様な製品ラインアップは、業界で最も先進的な機器を誇ります。Blinkは、その革新性と情熱で業界を牽引しています。

Blinkは電気自動車(EV)充電機器のリーディングカンパニーであり、13カ国で30,000以上の充電ポートを展開しています。その多くはネットワーク化されたEV充電ステーションであり、EVドライバーは世界中のBlinkの充電拠点で簡単に充電することができます。Blink Chargingの主な製品・サービスは、Blink EV充電ネットワーク、EV充電機器、EV充電サービスです。Blink Networkは、独自に開発したクラウドベースのソフトウェアを使用しており、ネットワークに接続されたEV充電ステーションとそれに関連する充電データの運用・管理・追跡を行います。

2021年Q1決算

EPSは-$0.18でMissでした。売上高は$2.23Mで予想を上回りました。残念な決算だたと思います。現在は充電ステーションを拡大している時期のようで、まだ利益が伴っていません。2020年に急激に株価が上がったため現在高値圏にいますが、近々EvgoがSPAC上場するため連れ高する可能性はあります。

筆者 バニル@インベストJ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>