グロース株ペニー株おすすめ銘柄、買い方を紹介

ダウ指数

目次

10バーガー候補

2021年Q2米国株10バーガー候補

$ALTG(Alta Equipment Group Inc.) マテリアルハンドリングと建設機械の2つのセグメントで運営されています。同社は、フォークリフトや高所作業車、クレーン、土木機械、その他のマテリアルハンドリングおよび建設機械など、さまざまなカテゴリの特殊機器の販売、レンタル、部品およびサービスサポートを提供するブランチネットワークを運営しています。バイデン大統領のインフラ支援計画がある

Read More »

米国株Weekly新高値Top10

2021年第23週/米国株高値Top10

$ALF(Alfi, Inc.) インタラクティブでインテリジェントな人工知能と機械学習のソフトウェアソリューションを提供しています。 現在価格 $7.96 売上高  $17.45K EPS -0.2

Read More »

2021年第22週/米国株高値Top10

$AEMD 医療技術企業であるAethlon Medical, Inc.は、米国で生命や臓器を脅かす病気の診断や治療のための製品開発に注力しています。同社は、人の循環系からエクソソームや生命を脅かすウ

Read More »

ペニー株

米国株で勝つために5つのステップ

予算や目標を設定することは素晴らしいことですが、実際に投資計画を立てなければ、その努力も無駄になってしまいます。これは、長期的な財務目標を達成するための最も重要なステップの1つです。

ウォーレン・バフェットはかつて、「計画のあるバカは、計画のない天才に勝てる」と言いましたが、これは投資において特に当てはまります。

投資家が投資計画を必要とする理由

投資をする理由を考えたことがないなら、今がその時です。家族のより良い未来のため、老後の備えのため、あるいは新たな収入源を得るためでしょうか。

投資をする理由がなければ、投資に必要な時間とエネルギーを費やすことはできません。

また、なぜ、何のために投資するのかを知ることは、投資方法や投資対象に影響を与えるため重要です。これが投資計画の基本です。日本では年金がどうなるのかわかりません。今のうちから投資をして老後資金を作っておくというのも一つの手です。

投資計画の立て方

このようにして調べたことをもとに、投資計画を立てて、投資を始めてみましょう。

投資計画を立てるには、単にいくつかの銘柄を選んで資金を投入するだけではありません。現在の経済状況、目標とスケジュール、どの程度のリスクを取ることができるかを考慮しなければなりません。

そのためには、自分に合った投資計画を立てる必要があります。投機とは違うため投機についてはふれません。

現在の家計を把握する

投資計画を立てるための最初のステップは、現在の自分の財務状況を把握し、投資額を決定することです。

あなたの財務状況を構成するものは何でしょうか?収入、支出、負債、緊急用の資金など。

投資が重要であるならば、お金を貯金すべきではありません。基本的な生活費を支払った後、給料からどれだけの投資ができるでしょうか?

初心者はどのくらい株式市場に投資すべきか?
最終的には、人生の中でできる限りの投資をしたいものです。

そうは言っても、最初のうちは少しゆっくりとしたペースで勉強したいと思うのも無理はありません。私が投資を始めた頃は、生活費を稼ぐのがやっとで、市場に投入できるほどの余剰資金はありませんでした。

しかし、実際には、わずか5万円でも投資を始めるには十分な資金となります。複利のおかげで、5万円は時間をかければ大金になります。

ほとんどの銘柄は1株あたり5万円以下、1万円以下で販売されています。

1株の価格だけでは、どれだけお得なのかはわかりませんが、ほとんどの株が手頃な価格で販売されていることから、投資初心者の方でも、初めての市場で少額の投資をすることができます。

自分が納得できる範囲で投資し、一貫して投資する。そうすれば、長期的に健全な資金を築くための正しい道を歩むことができるでしょう。

達成したいことを明確に決める

人生で達成したい短期的または長期的な目標は、投資戦略に影響を与えます。退職後はどこにいたいですか?家を持っていたいですか?収入を得たいですか?家族のために世代を超えた富を築きたいですか?

自分が何を達成したいのかを明確にすることで、どの程度のリスクを取ることができるのか、どのような投資を行えば一生のうちに達成したいことを実現できるのかを判断することができます。例えば老後資金を作るでしたら、残り何年あるでしょうか?仮に30年あるとしたら30年で分散して利益を上げれば良いのです。そうすればリスクの高い投資に手を出さなくても目標にたどり着けることがわかります。

どの程度のリスクを取ることができるかを決める

投資のルールは、損をしないことですが、予測不可能な株式市場に投資する場合、常に何らかのリスクが伴います。自分が達成したいこと(先ほど話したこと)と、それを達成するための時間に基づいて、どのくらいのリスクを取ることができるでしょうか。

老後の生活費を稼ぎたい人で、老後の生活が30年後であれば、お金が成長し、景気後退から回復するまでの時間が長いので、より積極的に行動する余裕があると思います。しかし、退職までの期間が数年しかない場合には、十分な資金を確保しつつ、失うことのないよう、より保守的な投資を行う必要があります。

どの程度のリスクを許容できるかは個人の判断によりますので、よく考えてみてください。大切なのは、いかに早く目標を達成するかではなく、実際に目標を達成することなのです。初心者にありがちな事が知識が不足している状態でいきなり大金を市場に投入してしまいその大半を失ってしまう事です。いわゆる退場です。リスクとリターンを考えた場合、特に中高年になってからは安全側に倒していきましょう。VOO/VTIなどは米国が発展し続ける限り安全です。利回りは減ってしまいますが負えるリスクとバランスをとりながら投資先を決めましょう。

どのような投資を行うか

次に、自分の目的を達成するために、どのような投資を行うかを決める必要があります。投資を始める前に知っておくべき投資の種類はいくつかあります。

しかし、ここでは、初心者にとって最も一般的な投資の種類に焦点を当ててみましょう。これらの投資は以下の通りです。

株式
株式を購入すると、購入した株式を保有する会社の一部のオーナーになります。つまり、会社が儲かれば自分も儲かるし、会社の価値が上がれば自分の株の価値も上がるということです。

株式投資は、自分が投資したい上場企業を所有することで利益を得ることができる、最もやりがいのある投資方法です。

株式市場全体の平均的な成長率は年7%程度ですが、厳選された個別企業に投資することで、より高いリターンを得ることができます。

投資信託、ETF
投資信託は、ファンドマネージャーによって管理されています。これらのファンドは、いわゆる「金融の専門家」によって構築・運用されていますが、ファンドマネージャーが投資信託に投資した人に課す手数料を考慮すると厳選しないと勝つのが難しいです。

債券
債券は、米国政府または個々の企業から購入することができます。債券は、企業の所有権を購入するのではなく、基本的には、政府や企業にお金を「貸す」ことで、わずかなリターンを得ることができます。債券の平均的なリターンは、年率2〜3%です。

このリターンは、特に退職が近くなり、お金を育てるのに40年もかからない場合には、あまり良いものではありません。

時間軸の設定

投資を始めるのにどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

私は目標について話していますが、これらの目標は実際には目的のための手段に過ぎません。目的とは、あなたが達成しようとする具体的なもの(金額、家、世代間の財産など)のことです。

ぜひ、そのことを達成することを自分に約束し、計画を立てて実行してみてください。

目標があっても、それにコミットして行動しなければ意味がありません。最終目標に向かって一歩を踏み出すために、今日できる事を書き出してみましょう。しかし例えば年利+20%などという無茶な計画を立ててはいけません。具体的な目標と時間軸に設定しましょう。一般的には年利+5%程度とみておけば良いでしょう。

退場しない戦略

常にキャッシュポジションを持ちましょう。フルインベストメントにしてしまうと含み損が出た場合に損切りするか耐えるかの2択しかありません。キャッシュポジションがあれば他の銘柄で利益をあげて含み損を相殺することができるかもしれません。フルインベストにするときは現金代わりにETFやGAFAMなどをもち資金を移動できるように工夫しましょう。

ポジションのバランス

始めて米株を購入するとしたら何をどれだけ買っていいのかわからなく、意味もわからないまま購入して大損害を出してしまう事も珍しくありません。ここでは大損害を出さずに済む安全なポジションの作り方を説明します。

米株に投入する資金の半分をキャッシュとして保持しておきましょう。残りの半分、全体の25%をETFのIVV(VOOでも可)かVTIを購入します。これでほぼキャッシュ率が75%に近くなるのでよほどの天変地異がない限り退場することはないです。残りの25%を5分割して個別株にチャレンジしてみましょう。資金の増減があまりない構成となりますが、まずは負けない算段を先にすべきです。IVVもVTIも年換算+8%ぐらいの運用実績をもっているETFですし、アメリカが破綻しない限りは大丈夫なETFです。多少負けていても持っていればいずれは上がってきます。とはいえ日足陰線の日に買った方がいいのは間違いないです。

個別株は勝つのが非常に難しいです。勝てるのは10人に1人と言われていますので、最初は資金の5%で練習するぐらいがいいと思います。自信がついてきたらキャッシュ率を下げていって個別の割合を増やすようにして細心の注意を払いながら負けないようにしてください。

個別銘柄の探しかた

負けにくいポジションを作った後は個別株の探し方になります。私の基本戦略はセクター狙いです。あるセクターが注目されると市場はそのセクターに資金をあふれんばかりに投入します。そのセクターを探してセクター内で有望な企業に投資するのが管理人の戦略です。有名どころだとEV市場や再生エネルギー市場が市場を賑やかした事がありました。

次にエネルギー、銀行などとローテーションし、ヘルスケアにローテンションしました。全ての波を捉えるのは難しいですが、これからの時代に何が必要とされているかをチェックすればどこのセクターが注目されるかが予想できます。

セクターが決まったらYahoo.comFinviz.comのScreenerで企業を洗い出し、日本の証券会社を使用しているなら証券会社で購入できるか確認し、企業分析してどこに資金をいれるかを決めます。

もう一つの戦略としてYoYの売上高成長率が+25%とか+50%とかだしているのに株価が反応していない企業に投資をするというのがあります。まだ誰も気が付いてないので株価が反応していませんが、気がつけば決算を越えるたびに株価が上がっていきます。

Twitterなどで見聞きした銘柄を買うのも悪くはないですが、必ずご自分で決算を見ましょう。決算には企業の状況が細かくかかれています。最後は自分で判断して購入するようにしましょう。

ETFの紹介

ETFとはExchange Traded Fund の略で、日本では上場投資信託の事をいいます。米国のETFは優秀なものが多く右肩上がりなものが多数あります。個別株に拘らなくてもETFの投資だけでも十分勝てます。指数系のETF は投資のページで紹介しているのでその他のETFを紹介します。

VT

外国株式と米国株式の両方に投資します。
FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動することを目指します。
成長性が高い反面、リスクも高く、米国株や海外株ファンドに比べて株価の上下動が大きい。
長期的な目標にのみ適している。

TNA/TZA

Direxion Daily Small Cap Bull (TNA) and Bear (TZA) 3X Sharesは、手数料・費用控除前で、ラッセル2000®インデックスのパフォーマンスの300%、または逆数(または反対数)の300%の日々の投資成果を目指します。当ファンドが、定められた投資目的を達成することを保証するものではありません。

WEBL/WEBS

Daily Dow Jones Internet Bull (WEBL) and Bear (WEBS) 3X Sharesは、手数料・費用控除前の日々の投資成果が、Dow Jones Internet Composite Indexのパフォーマンスの300%、または逆数(または反対数)の300%になることを目指します。このファンドが、表明された投資目的を達成することを保証するものではありません。

FAS/FAZ

Direxion Daily Financial Bull (FAS) and Bear (FAZ) 3X Sharesは、手数料・費用控除前で、Russell 1000® Financial Services Indexのパフォーマンスの300%、または逆数(または反対数)の300%の日々の投資成果を目指します。このファンドが、表明された投資目的を達成することを保証するものではありません。

TECL/TECS

Direxion Daily Technology Bull (TECL) and Bear (TECS) 3X Sharesは、テクノロジー・セレクト・セクター・インデックスのパフォーマンスの300%、またはインバース(反対)の300%の、手数料・費用控除前の日々の投資成果を求めます。本ファンドが定められた投資目的を達成することを保証するものではありません。

QCLN

このETFは、NASDAQ Clean Edge  Green Energy IndexSMと呼ばれる株式インデックスの価格と利回り(ファンドの手数料と費用控除前)に概ね対応する投資結果を目指します。このインデックスは、米国で上場している小、中、大資本のクリーン・エネルギー企業のパフォーマンスを追跡するように設計されています。

ERX/ERY

Direxion Daily Energy Bull (ERX) and Bear (ERY) 2X Sharesは、Energy Select Sector Indexのパフォーマンスの200%、または逆数(または反対数)の200%の手数料・費用控除前の日々の投資成果を目指します。ファンドが、その規定の投資目的を達成することを保証するものではありません。