0268.HK チャート

0268.HK(金蝶國際)

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

0268.HKのプロフィール

クラウド型のERP事業を展開しており、最近ではERPを更に発展させてEBC(エンタープライズビジネス事業)を推進している。AIを搭載したRPAも販売しており、不動産、小売り、建設業などに事業を展開している。

8,000人以上の従業員と、深圳、上海、北京の3つのソフトウェアパークを擁するKingdeeは、680万以上の企業や政府機関に企業管理ソフトウェアとクラウドサービスを提供しており、何億人もの人々の働き方を変えることを目指しています。

IDCのSaaSPathグローバル調査(IDC #US46933620)の結果に基づき、IDC 2020 SaaS ERP Customer Satisfaction Awardを受賞しました。中国のSaaS企業で唯一IDCから受賞をしました。

2021年Q1の決算

EPSは-10.12売上高は3,356,445 CNYで昨年比+0.928%でした。アナリストの予想はありませんでした。EPSが大幅に落ち込んでおり、何かに投資をしたと思われるのですが決算はアナリストの評価が無いとはいえ、良くなかったと思います。用友も機能的にERPと言ってもいいと思うため、直接的なライバルと言えると思う。用友の決算もイマイチだったことを考慮すると、中国の企業がかなり資金繰りにひっ迫してERPの契約を切らざるを得なかった、または新興のERP企業がでてきてシェアを奪われたのどちらかだと思います。新興のERP企業がでてきているのでしたらいずれこのブログで取り上げると思います。

面白い企業だとは思いますが、すぐ株式を購入するのは難しい判断だと思います。ただし、ERPで600万以上の企業の基幹を押さえているため新しいシステムを開発すれば、これらの企業に深堀して販売できるため伸びしろはあると思います。また、他のSaaS企業と連携することにより囲い込むこともできるため、固い企業だと思います。

筆者 バニル@トウシネコ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です