688111.SS

688111.SS(Beijing Kingsoft Office Software, Inc./金山办公)株価の今後の見通しとリアルタイムチャート

金山办公のリアルタイムチャート

金山办公の株価見通しとニュース

2021/6/7 天风证券は投資評価をBuyとした。

出典 eastmoney.com

上海株688111.SSのプロフィール

キングソフトオフィスは、中国のテクノロジー企業として、過去31年間、すべての人、家庭、組織に最もシンプルで効率的なオフィス体験とサービスを提供し、個人がより簡単で幸せな創造と生活ができるように、また、企業や組織がより効率的に運営、発展できるように支援してきました。

今後、キングソフトオフィスは、未来のオフィスの新しいあり方の代表として、「クラウド型サービス、マルチスクリーン、コンテンツアシスト、AI対応製品」の提供を通じて、企業のお客様も一般の方も、キングソフトオフィス製品を通じて、シンプルな創造と良い生活を実現していきたいと考えています。

キングソフトオフィスの主要製品・サービスは、会社独自の研究開発によって形成されており、WPS新カーネルエンジン技術、ビッグデータ解析によるナレッジマッピング技術、クラウド型モバイル共有技術、ドキュメントインテリジェント美化技術などのコア技術については、発明特許を出願し、重要な製品についてはソフトウェア著作権を出願しています。 2018年末までに、Kingsoft Officeとその子会社は、合計164件の特許と282件の著作権を所有しており、そのうち、特許は合計146件が中国で登録され、合計18件が中国以外で登録され、ソフトウェア著作権は合計275件が中国で登録され、合計7件が中国以外で登録されています。

マルチOSなWPSOffice製品を提供しています。企業や官公庁などが納品先で、クラウドストレージも提供しています。

2020 2019 2018
Rev 2,260,968 1,579,521 1,129,681
EPS 1.900 1.090 0.860

2021年Q1決算

EPSも売上高もアナリストの予想どおりでした。良い決算だったと思います。中国ではWPOfficeがかなりの売り上げを上げているんですね。しかも売上高が毎年伸びています。株価はIPOからやく3倍になったところで低迷しています。中国の事なのでオフィス製品は自国製品を使えというお達しがでてもおかしくないので注目しておきたい銘柄の一つではないでしょうか。

筆者 バニル@インベストJ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>