中国株上海株おすすめ銘柄、買い方の紹介

目次

10バーガー候補

2021年Q2 中国株上海株10バーガー候補

1211.HK/002594.SZ(BYD Company Limited/比亞迪股份) BYDです。車載バッテリーやEVバスなどで有名です。リン酸鉄リチウムイオンバッテリーを開発している企業の一つです。EVのバッテリーはEVの普及とともに張っていくと思われ今後も業績が伸びると想定されます。 BYDの詳細と決算 601012.SS(LONGi Green Energy Technology Co.

Read More »

香港株、上海株、深セン株、Weekly新高値Top10

2021年第22週/中国株(香港)高値/急騰Top10

8353.HK アナクルシステムズ社は、シンガポール、マレーシア、中華人民共和国、および国際的に、ソフトウェア開発、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアおよびエネルギー管理ソリューションの

Read More »

中国(香港株、上海株、深セン株)の注目銘柄

Kuaishou Technology/快手(1024.HK)

快手のプロフィール コンテンツコミュニティとソーシャルプラットフォームのリーディングカンパニーである快手のミッションは、世界で最も顧客を大切にする企業になることです。 快手は、製品とサービスの継続的な革新と最適化を通じて、顧客にサービスを提供し、顧客のために価値を創造することに絶え間なく努力しています。 快手では、どんなユーザーでもショートビデオやライブストリーミングを通じて、自分の人生、現在、遊びを記録し、共有することができます。 快手は、コンテンツ・クリエーターや企業との緊密な連携により、エンターテインメント、オンライン・マーケティング・サービス、Eコマース、オンライン・ゲーム、オンライン

Read More »

0268.HK(金蝶國際)

Share on facebook Facebook Share on twitter Twitter 0268.HKのプロフィール クラウド型のERP事業を展開しており、最近ではERPを更に発展させてEBC(エンタープライズビジネス事業)を推進している。AIを搭載したRPAも販売しており、不動産、小売り、建設業などに事業を展開している。 8,000人以上の従業員と、深圳、上海、北京の3つのソフトウェアパークを擁するKingdeeは、680万以上の企業や政府機関に企業管理ソフトウェアとクラウドサービスを提供しており、何億人もの人々の働き方を変えることを目指しています。 IDCのSaaSPath

Read More »

用友/UFIDA(600588.SS)

用友のプロフィール 1988年に設立された用友は、中国および世界の企業および公的機関向けの主要なクラウドサービスおよびソフトウェアプロバイダーです。用友は、創造性とテクノロジーを使用してビジネスと社会の進歩を促進することに取り組んでいます。 世界をリードするビジネスイノベーションプラットフォームYonBIPの構築と運用を通じて、企業のデジタル変革とビジネスイノベーションに貢献し、数千万のインテリジェントな企業を実現します。オンデマンドで利用できるエンタープライズクラウドサービスの価値を持ち、ビジネスイノベーションを実行します 用友は、32年間、エンタープライズサービス市場に注力し、継続的にリー

Read More »

ガンフォンリチウム/贛鋒鋰業/Ganfeng Lithium (1772.HK/002460.SZ)

ガンフォンリチウムのプロフィール Ganfeng Lithium Co., Ltd.は、中国本土、香港、その他のアジア地域、欧州連合、北米、および国際的にリチウム製品を製造・販売しています。同社は3つのセグメントで事業を展開しています。 リチウム金属・化合物、リチウム電池、リチウム鉱石資源・その他の3つのセグメントで事業を展開しています。同社は、オーストラリアのマウント・マリオン鉱山、アルゼンチン北西部フユイ州のカウシャリ・オラロス・プロジェクト、アルゼンチン・サルタ州のアンデス山脈に位置するマリアナ・プロジェクト、メキシコのソノラ・プロジェクト、西オーストラリア州のピルバラ・ピルガンゴラ・リ

Read More »

CATL/宁德时代(300750.SZ)

CATLのプロフィール Contemporary Amperex Technology Co., Limitedは、中国国内および海外で電気自動車用およびエネルギー貯蔵用バッテリーシステムの研究開発、生産、販売を行っています。同社のリチウムイオン電池は、電気乗用車、電気バス、電気トラック、その他の特殊車両に使用されており、蓄電システムは、再生可能エネルギー、系統周波数変調、通信基地局、商業・工業ビル、家庭用エネルギー貯蔵に使用されています。Contemporary Amperex Technology Co., Limitedは2011年に設立され、中国の寧徳に本社を置いています。 CATLは

Read More »

BYD Company Limited/比亞迪股份(1211.HK/002594.SZ)

BYD Company Limitedは、その子会社とともに、主に世界各地で自動車および関連製品の研究、開発、製造、販売を行っています。BYDは3つのセグメントで事業を展開しています。BYDは、二次電池および太陽光発電製品、携帯電話端末の部品および組立サービス、自動車および関連製品の3つのセグメントで事業を展開しています。内燃機関、ハイブリッド車、電気自動車などの乗用車、バス、コーチ、タクシー、物流・建設・衛生車両、倉庫・港湾・空港・鉱山向け車両などを提供しています。 また、主に携帯電話や電動工具などの携帯電子機器用のリチウムイオン電池、ニッケル電池、太陽電池、リン酸鉄リチウムイオンバッテリー

Read More »

中国株の分類

中国株は上海、深センに上場しているA株、B株と香港に上場しているH株と米国に上場している中国ADRに分類されます。中国ADRは200社存在し米国株として取り扱っております。例えばNIOやBABAなどが中国ADRに該当します。

A株は中国国民のみ購入が許可されており約1200社あり、B株は外国人でも購入でき約110社存在します。

香港株式市場はH株、レッドチップ、香港株,GEMに分類でき、それぞれH株約150社、レッドチップ約110社、香港株約1100社GEM約180社存在します。一般的に中国株というと香港株式市場に上場している銘柄の事を言います。

市場 上場数 香港株の分類
中国ADR 約200社
上海(SS) A株約1300社
B株約50社
深セン(SZ) A株約2000社
B株50社
香港(HK) メインボード約1750社
GEM約300社
メインボード・GEMにそれぞれ存在する(H株/レッドチップ/香港株)

中国株を購入できる証券会社

中国ADRは米国市場に上場しているのでネット証券大手のSBI/マネックス/楽天で購入できます。香港市場、上海、深センを購入できる証券会社を紹介します。知名度のある企業は殆ど中国ADRか香港に上場しているため、ここに掲載している証券会社ならどこでもいいでしょう。管理人はInteractiveBrokerと楽天を利用しています。

証券会社 購入できる市場 コメント
マネックス証券 中国ADR
香港
楽天証券 中国ADR
香港
SBI証券 中国ADR
香港
内藤証券
中国ADR
香港
上海
深セン
日本の証券会社で中国株を購入するなら内藤証券が取り扱いが多い
InteractiveBroker
中国ADR
香港
上海
深セン
海外送金が必要
一般口座
取り扱い銘柄数はNo1
サクソバンク
中国ADR
香港
上海
深セン
口座開設が遅い
一般口座

中国株の調べ方

中国株を調べるにあたりどこから調べるかですが、むやみやたらと調べても時間ばかり浪費してしまいます。株式投資全般にいえることですが、セクターを絞って調べると調べる方針が決まります。例えばEVがこれから伸びるだろうと思い調べればNIO/XPEV/LIにたどり着きます。今後の需要を予測し伸びるセクターをまず探し、そしてセクターの中で有力な企業を分析し購入しましょう。

企業分析

セクターが決まった後は企業分析です。どのような製品を作っていて競合他社に対するアドバンテージはあるのか、どのような決算をしているのかなどを分析します。まず四半期で上げられている決算を見ましょう。決算にはサマリーでどこの分野がどれだけ伸びたなど企業の業績の概要が書かれています。

決算の数字を確認します。

まず売上高成長率を確認し、次にEPSを確認し、最後に流動資産と流動負債の差を調べます。売上高成長率は伸びている会社だとYoYで+50%を出したりします。成長が鈍化していないか確認をしましょう。EPSは売上が伸びているのにEPSが伸びていなかったら企業のスキームが何かおかしいというサインです。流動資産と流動負債の差はキャッシュの額を表しています。キャッシュが多ければ多いほど健全な会社と言えるでしょう。

投資する額

銘柄が決まったら資金の何%を投資するのかを決めましょう。一般的に言ってフルインベストメントは避けるべきで、もし始めて投資をするのであれば全資産の10%~30%程度で様子を見ながら練習をした方が良いでしょう。

フルインベストメントとは資金全てを株式市場に投入する事ですが、フルインベストメントすると含み損が出た場合に耐えるしか無くなってしまいます。私の例ですがCWEBで含み損を35万ほど抱えていた時にSOXLがいい位置に来たのでCWEBのポジションはそのままにSOXLを購入しました。SOXLが+20%行きCWEBも少し戻したため含み損をほぼ解消してポジを手放せた事があります。フルインベストだと苦しいまま耐えるしかないためあまりお勧めできません。

投資する銘柄数

投資する銘柄数も重要で、4~8ぐらいの数に抑えたほうが良いでしょう。数が多くなると分析が甘くなりますし利益も少なくなります。銘柄が増えすぎると結局指数と同じような増減になってしまいます。

仮に4銘柄に投資する場合を考えると、半分キャッシュで持っていたいため1銘柄全資産の15%程度の投資になります。投資した4銘柄の利益が十分に乗ってからまた新たに4銘柄ほど選定してポジションを作れば、後から作ったポジションが含み損になっても最初のポジションが含み益なため、最初のポジションを解消して含み損を他の銘柄で取り返しに行けます。

チャート分析

ジャンピングキャッチをしないでください!株価は必ず押します!押さずに上に行ってしまったらそれは縁のない銘柄だっと諦めましょう。カップウィズハンドルという形がありますが気にしなくて大丈夫です。株は安い時に買うものです。右肩上がりにあがっているチャートが押したときに買いましょう。もしくはハンセン指数が下げた日に煽りをくらって下げた所を狙いましょう。

エントリーの仕方

日足陰線でエントリーするときは前日の終値の-2%ぐらいでエントリーするのが理想です。大型株だとなかなか-2%は行かないので-1%でエントリーするのもいいかもしれません。

深い押しを作っている時は分割エントリーしましょう。右肩上がりのチャートのはずですが、深い押しを作られると底がどこだかわからず恐怖でエントリーで気無くなります。そういう時は最大で入れる額を5分割して1/2/2の割合で分割して入ってみましょう。

利確の仕方

中国株は成長株なので利確は難しいですが例えば戦争や米中摩擦など外的要因で利確したいときなどがあります。慌てないでください!利確するときも分割利確しましょう。日足が陽線の日に利確するのが好ましいと言えます。

中国の株式市場で儲けるには?

お金は毎月の固定給で稼ぐこともできるし、自分で自由にする自営業で稼ぐこともできる。株で儲けるという事は、個々の銘柄の動きを見ればわかりますし、株で儲けている人も現実にいます。中国の株式市場でお金を稼ぐことは、内的および外的な要因があります。 株式市場は鏡であり、人間の本質を映し出す媒体です。 株式市場はある目的のために形成され、形成された後はその派生効果がより明らかになり、人間の本質を見せ、解釈するための舞台となり、様々な人間ドラマが演出され、様々な変化や感情が起こります。

変化に対処するには、自己認識と自分の感情の理解が必要です。人間の持つ感情的な要素は、様々な要因の引き金を引くことに極めて敏感であり、それは株式市場にも反映されます。株価の短期的な変動は、強まったり弱まったりします。 この変化に対応するためには、期待値で形成される客観的なコントロールを通して、取引の頻度を減らし、中長期的な視野で銘柄選択

を行う必要があります。自分の選んだ銘柄が変動しなく、他の銘柄のパフォーマンスが優れている場合、変化を求められているわけでもないので、やはり1つ1つの銘柄をしっかりと精査し中長期展望をもって投資する必要があります。

自己認識とは、自分の限界がどこにあるのか、どんな株が良いのか、お金が稼げるのか、そういう意識を持つこと、つまり、自分のシステム、自分の勝ちパターンを構築すること、それがお金を稼ぐことの始まりです。

まずは情報を得ないと話になりません。FUTUのニュースを毎日見るようにしましょう。

https://www.futunn.com/hk/

ETFや投資信託という選択

個別株はあたると儲けが大きいですが、外れるとダメージも大きいです。ETFや投資信託なども検討しましょう。ETFで有名なものをいくつか紹介します。右肩上がりなチャートが多く、投資するには悪くない選択だと思います。

FXI

iシェアーズ中国大型株ETFは、香港証券取引所で取引されている中国の大型資本の株式で構成されるインデックスの投資成果に追随することを目指します。この投資は、香港証券取引所で取引される中国の大型株で構成されるFTSE中国50インデックスの投資結果に追従することを目的としています。ファンドは通常、資産の少なくとも 80% を原資産指数の証券および原資産指数の証券を表す預託証券に投資します。

CNXT

VanEck Vectors®ChinaAMC SME-ChiNext ETF (CNXT®)は、SME-ChiNext 100 Index (CNI6109)の価格と利回りのパフォーマンスを、手数料と費用の控除前で可能な限り忠実に再現することを目指しています。これは、深圳証券取引所のChiNext Boardに上場して取引されている中国A株のうち、最も規模が大きく流動性の高い100銘柄のパフォーマンスを追跡するもので、元々は深圳証券取引所の中小企業(SME)委員会に上場し、深圳のメインボードで取引されていたものです。

CHAD

Direxion Daily CSI 300 China A Share Bear 1X Sharesは、CSI 300 Indexのパフォーマンスの逆数の100%の手数料・費用控除前の日々の投資成果を求めます。当ファンドが、記載された投資目的を達成することを保証するものではありません。

※CSI 300 Index 上海/深センのA株300銘柄で構成される指数。ここ1,2年のパフォーマンスは下図参照

china CSI 300 index

CHAU

Direxion Daily CSI 300 China A Share Bull 2X Sharesは、手数料・費用控除前の日々の投資成果を、CSI 300 Indexのパフォーマンスの200%とすることを目指します。当ファンドが、記載された投資目的を達成することを保証するものではありません。

YINN/YAND

Direxion Daily FTSE China Bull (YINN) and Bear (YANG) 3X Sharesは、FTSE China 50 Indexのパフォーマンスの300%、または逆数(または反対数)の300%の手数料・費用控除前の日々の投資成果を目指します。 また、ファンドが定められた投資目的を達成することを保証するものではありません。

CWEB

Direxion Daily CSI China Internet Index Bull 2X Sharesは、CSI Overseas China Internet Indexのパフォーマンスの200%の手数料・費用控除前の日々の投資成果を目指します。当ファンドが、記載された投資目的を達成することを保証するものではありません。

GLCN

VanEck Vectors® China Growth Leaders ETF (GLCN)は、合理的な価格で魅力的な成長の可能性を示す、基本的に健全な中国企業で構成されるMarketGrader China All-Cap Growth Leaders Index (MGCNGRNR)の価格および利回りのパフォーマンスを、手数料および費用控除前で可能な限り忠実に再現することを目指しています。

CXSE

WisdomTree China ex-State-Owned Enterprises Indexは、国有企業ではない中国の株式のパフォーマンスを測定します。国有企業とは、政府が企業の発行済み株式の20%以上を所有している企業と定義されています。当インデックスは、修正浮動株調整時価総額加重法を採用しており、インデックスの計算に使用される株式額は、投資家が入手可能な株式のみを反映したものとなっています。当インデックスは、2015年3月31日の基準値を200として設定され、米ドルで計算され、市場価格や為替レートを反映して更新されます。米国以外の市場が閉まっている場合は、終値または最終販売価格を使用しています。

2553.T(One ETF 南方 中国A株 CSI500)

中国A株の中でもCSI スモールキャップ 500指数は、CSI300指数を構成する上位300銘柄を除いた500銘柄で構成されています。主に素材や製造などのオールドエコノミーが多い印象です。日本ではほとんど知られていない企業ばかりです。