ラッセル2000 チャート

2021年第23週/米国株高値Top10

第23週米国新高値Top10

$ALF +126.78% テクノロジーサービス
$TRCH +100.96% 消費者サービス
$RAPT +86.16% ヘルステクノロジー
$KNBE +70% テクノロジーサービス
$CLSD +60.8% ヘルステクノロジー
$VINO +45.48% 金融
$KIN +44.5% ヘルステクノロジー
$CAI +45.53% 金融
$AVXL +42.84% ヘルステクノロジー
$CTXR +41.92% ヘルステクノロジー

$ALF(Alfi, Inc.)

インタラクティブでインテリジェントな人工知能と機械学習のソフトウェアソリューションを提供しています。

  • 現在価格 $7.96
  • 売上高  $17.45K
  • EPS -0.23

$TRCH(Torchlight Energy Resources, Inc.)

米国における石油・天然ガス資産の取得、探査、開発を行っています。テキサス州、オクラホマ州などに3つの石油、ガスの権益を保有してます。

  • 現在価格 $6.27
  • 売上高  $193.379K
  • EPS -0.02

$RAPT(RAPT Therapeutics, Inc.)

臨床段階にある免疫学をベースとしたバイオ医薬品企業で、癌や炎症性疾患のアンメットニーズを持つ患者のための経口低分子治療薬の発見、開発、商業化に注力しています。

  • 現在価格 $34.57
  • 売上高 $5042K
  • EPS -0.51

$KNBE(KnowBe4, Inc.)

セキュリティ意識向上トレーニングと模擬フィッシング・プラットフォームの開発を行っています。同社のセキュリティ・アウェアネス・プラットフォームを利用することで、企業はソーシャル・エンジニアリング攻撃というサイバーセキュリティ上の脅威を評価、監視、最小化することができます。

  • 現在価格 $33.66
  • 売上高 $174,886K
  • EPS 0.03

$CLSD(Clearside Biomedical, Inc.)

バイオ医薬品企業で、重篤な眼疾患を持つ人々の視力を回復・維持する治療法の開発・提供に従事しています。その製品には、フェーズ1/2aの臨床試験が行われているアキシチニブの黄斑上注射剤CLS-AXがあります。

  • 現在価格 $4.84
  • 売上高 7,894
  • EPS -0.13

$VINO(Gaucho Group Holdings, Inc.)

子会社を通じて、アルゼンチンの不動産プロジェクトへの投資、開発、運営を行っています。また、ブエノスアイレスの高級ブティックホテル「アルゴドン・マンション」や、メンドーサにあるテニスコートやレストラン、ホテル設備を備えたワイナリー兼ゴルフリゾート「アルゴドン・ワイン・エステーツ」を所有・運営しているほか、住宅開発のための土地の分譲も行っています。

  • 現在価格 $5.95
  • 売上高  $635.789K
  • EPS  -0.18

$KIN(Kindred Biosciences, Inc. )

商業段階のバイオ製薬企業で、ペットのための治療法の開発に従事しています。同社の製品パイプラインは、主に犬と猫の様々な適応症のための生物製剤に焦点を当てています。また、猫の体重減少の管理を目的としたミルタザピン経皮吸収型軟膏「Mirataz」、馬の発熱管理を目的としたジピロン注射剤「Zimeta」を提供しています。

  • 現在価格 $9.19
  • 売上高  $42,164K
  • EPS 0.6

$CAI(CAI International, Inc. )

米国、スイス、フランス、韓国、シンガポール、その他のアジア諸国、その他のヨーロッパ諸国、および国際的に輸送金融会社として事業を展開しています。同社は、機器のリース、再リース、処分、および機器の修理、再配置、保管の契約を行っています。

  • 現在価格 $56.005
  • 売上高 $294,013K
  • EPS 0.81

$AVXL(Anavex Life Sciences Corp. )

臨床段階のバイオ製薬企業で、中枢神経系(CNS)疾患の治療のための薬剤候補の開発に従事しています。現在、アルツハイマー病を対象とした第3相臨床試験、レット症候群を対象とした第3相臨床試験、パーキンソン病を対象とした第2相臨床試験、てんかん、小児けいれん、脆弱X症候群、アンジェルマン症候群、多発性硬化症、結節性硬化症を対象とした前臨床試験を実施しています。

  • 現在価格 $22.14
  • 売上高 0
  • EPS -0.11

$CTXR(Citius Pharmaceuticals, Inc.)

クリティカルケア製品の開発と商業化を行っています。主に、抗感染症製品、癌治療製品、処方箋製品、間葉系幹細胞治療製品の開発に注力しています。同社は、感染したカテーテルを救済することでカテーテル関連血流感染症の患者を治療するために使用される抗生物質ロックソリューションであるMino-Lokを開発しており、第III相臨床試験が行われています。

  • 現在価格  $3.69
  • 売上高 0
  • EPS -0.11
TQQQ チャート

2021年Q2米国株10バーガー候補

$ALTG(Alta Equipment Group Inc.)

マテリアルハンドリングと建設機械の2つのセグメントで運営されています。同社は、フォークリフトや高所作業車、クレーン、土木機械、その他のマテリアルハンドリングおよび建設機械など、さまざまなカテゴリの特殊機器の販売、レンタル、部品およびサービスサポートを提供するブランチネットワークを運営しています。バイデン大統領のインフラ支援計画があるため業績があがる見込みが高い企業です。

$AQB(AquaBounty Technologies、Inc.)

バイオテクノロジー会社で、遺伝子組み換えで養殖したアクアドバンテージサーモン(タイセイヨウサケ)、マスを提供しています。遺伝子組み換えにより従来より早く成長します。2015年に米国でFDAの認可がおり2020年に始めての水揚げがありました。売り上げも伸びており今後に注目したい企業です。

$OPRX(OptimizeRx Corporation)

デジタルヘルス企業として、医師、患者に通信ソリューションを提供しています。OptimizeRxプラットフォームは、最大のEHRネットワークで記録的な成長を遂げてきました。注目のヘルスケア企業です。

$RADI(Radius Global Infrastructure, Inc.)

無線通信の不動産の賃貸を行っています。地上や屋上に無線用のアンテナおよびセルサイトをリースしています。参入障壁の高い「ミッションクリティカル」インフラストラクチャであり、安定した収入を得られます。近年業績も伸びており注目の企業です。

$GNOG(Golden Nugget Online Gaming, Inc. )

オンラインゲーム(カジノ)およびデジタルスポーツエンターテイメント企業として運営されています。スロット、ビデオポーカー、電子テーブルゲーム、ライブディーラーテーブルゲームなど、コンピューターまたはモバイルデバイスでプレイされるすべてのオンラインカジノゲームなどを提供しています。ニュージャージー州とミシガン州で成功を収めており、今後も米国で継続して市場シェアを拡大していくようです。

$TIG(Trean Insurance Group, Inc. )

特殊損害保険を提供しています。消防、および救急の労働者災害補償サービス、雇用者賠償責任保険、保険仲介業者を行っています。近年業績があがっている保険会社です。

$CURI(CuriosityStream Inc. )

ストリーミングサービス企業として運営しています。科学、歴史、社会、自然、テクノロジーなどのエンターテイメントを提供しています。ストリーミングサービスは様々ありますが、CURIは主にドキュメンタリー番組を制作し配信しているようです。米国人の知的好奇心を満たすために事業を行っています。

$GAN(GAN Limited )

オンラインカジノゲームやオンラインスポーツベッティングのソフトウェアサービスソリューションのサプライヤーとして運営しています。GameSTACKプラットフォームと呼ばれるこのプラットフォームはSaaSで提供され、高度な支払いソリューションを提供しており、州ごとにオンラインカジノやスポーツベッティングが解放されており、米国では今後有望です。

$BFST(Business First Bancshares, Inc. )

銀行持ち株会社として運営されています。開発ローン、不動産ローン、住宅ローン、消費者ローンなどを提供しています。b1BANKのブランドで営業されており近年業績を伸ばしている銀行です。

$ADN(Advent Technologies Holdings、Inc.)

燃料電池および水素技術市場で事業を行っています。燃料電池、HT-PEM、有機太陽電池などを提供しています。ADNの燃料電池は燃料に柔軟性があり、現在はメタノールと天然ガス、今後はeメタノール、太陽光や風力などの他の再生可能な燃料を使用できます。

まとめ

面白そうな企業を集めてみました。これらの企業は良い業績を出しており、対象としている市場もこれから伸びしろのある企業ばかりです。1年で10バーがーは正直難しいと思いますが、良い業績を見込める企業だと信じています。

この中で一つだけ選ぶとしたら一発の可能性のあるADNでしょうか。チャートは悲惨な事になっていますが、天然ガスからクリーンな電気を作り、水素を作成するときにADNの燃料電池が採用されたら爆発的な売り上げが見込まれると思いおます。しかし、まだ殆ど売り上げを上げていない企業なので博打であるとは思います。

他に面白いところだとAQBでしょうか。サケに特化していますが、2021年から新たに養殖場から出荷が始まるようですし、養殖場が増えれば売り上げも増えるのではないかと思います。

ナスダック指数

2021年第22週/米国株高値Top10

第22週米国急騰Top10

$AEMD Aethlon Medical, Inc +193.67% ヘルステクノロジー
$NOVN Novan, Inc. +88.21% ヘルステクノロジー
$ORPH Orphazyme A/S +84.75% ヘルステクノロジー
$BAOS Baosheng Media Group Holdings Limited +77.30% 商用サービス
$NEXT NextDecade Corporation +75% エネルギー・鉱物
$CLOV Clover Health Investments, Corp. +67% 金融
$ANY Sphere 3D Corp. +66.46% テクノロジーサービス
$EXFO EXFO Inc. +60% 電子機器
$UONE Urban One, Inc. +57.58% 商用サービス
$PRTA Prothena Corporation plc +57.38% ヘルステクノロジー

$AEMD

医療技術企業であるAethlon Medical, Inc.は、米国で生命や臓器を脅かす病気の診断や治療のための製品開発に注力しています。同社は、人の循環系からエクソソームや生命を脅かすウイルスを除去する、臨床段階の免疫療法機器であるAethlon Hemopurifierを開発しています。また、生きている人間の慢性外傷性脳症を診断するためのエクソソームバイオマーカー候補であるTauSomeを開発しています。Aethlon Medical, Inc.は、ピッツバーグ大学と頭頸部がんに関連する研究で協力関係にあります。同社は、カリフォルニア州サンディエゴを拠点としています。

$NOVN

Novan, Inc.は、臨床開発段階にあるバイオテクノロジー企業で、皮膚科領域およびオンコウイルスを媒介とする疾患を治療するための一酸化窒素ベースの治療薬を提供しています。臨床段階にある皮膚科領域の新薬候補には、尋常性ざ瘡(にきび)の治療を目的とした局所単剤療法のSB204、ウイルス性皮膚感染症の治療を目的とした局所抗ウイルスジェルのSB206、水虫や真菌性爪感染症などの皮膚や爪の真菌感染症の治療を目的とした局所広域抗真菌ジェルのSB208、炎症性皮膚疾患の治療を目的としたクリームベースの局所ジェル製品候補のSB414などがあります。

また、外性器疣贅の治療を目的とした抗ウイルス製品候補のSB207、ハイリスクのヒト乳頭腫ウイルス(HPV)を治療するための一酸化窒素含有膣内ジェルのWH602、ハイリスクのHPVを治療するための非ジェル製剤の製品候補のWH504、SARS-CoV-2の治療を目的としたSB019を開発しています。
Novan, Inc.は、佐藤製薬株式会社とライセンス契約を締結しており、また、株式会社オリオンと戦略的提携を結んでいます。ノバン社は2006年に設立され、ノースカロライナ州モリスビルに本社を置いています。

$ORPH

Orphazyme A/Sは、バイオ医薬品企業で、神経変性希少疾患の治療薬を開発しています。同社は、熱ショックタンパク質の増幅に着目し、タンパク質のミスフォールドや凝集、リソソーム貯蔵や神経筋変性疾患などのリソソーム機能障害に起因する疾患の治療薬を開発・商業化しています。
主力候補はアリモクロモールで、ニーマン・ピック病C型、筋萎縮性側索硬化症、封入体筋炎、ゴーシェ病の4つのオーファン疾患を対象に臨床開発を進めています。同社は2009年に法人化され、デンマークのコペンハーゲンに本社を置いています。

$BAOS

Baosheng Media Group Holdings Limitedは、中華人民共和国でオンライン・マーケティング・ソリューション・プロバイダーとして事業を展開しています。同社は、広告主とオンラインメディアを結びつけ、広告戦略、予算、広告チャネルの選択についてのアドバイス、広告在庫の調達、広告の最適化サービスの提供、広告掲載プロセスの管理と微調整など、さまざまな方法で広告主のオンラインマーケティング活動の管理を支援しています。
また、メディア事業者に対しては、広告在庫を購入する広告主の特定、広告主との支払いの調整、メディアへの広告掲載のロジスティックスに関する広告主の支援、オンライン広告を利用するように広告主を教育・誘導することを目的としたその他のマーケティングおよびプロモーション活動など、さまざまな方法でサービスを提供しています。
同社の広告サービスには、検索エンジン事業者が提供するランク付けされた検索広告やその他のディスプレイ検索広告を展開する検索エンジンマーケティング(SEM)サービスと、ソーシャルメディアプラットフォーム、ショートビデオプラットフォーム、ニュースポータル、モバイルアプリなどのメディアに広告を展開するソーシャルメディアマーケティング、インフィード広告、モバイルアプリ広告などの非SEMサービスがあります。Baosheng Media Group Holdings Limitedは、2014年に設立され、中華人民共和国の北京に本社を置いています。

$NEXT

NextDecade Corporationは、液化天然ガス(LNG)の開発会社で、LNGの液化と販売に関する開発活動を行っています。テキサス州南部のブラウンズビル港にあるリオグランデLNGターミナル施設の開発に注力しています。本社はテキサス州ヒューストンにあります。

$CLOV

Clover Health Investments, Corp.は、米国でメディケア・アドバンテージ保険会社として事業を展開しています。同社はソフトウェアプラットフォームを通じて、メディケア適格者向けに優先プロバイダー組織と健康維持組織の医療プランを提供しています。Clover Health Investments, Corp.は2014年に設立され、テネシー州フランクリンに本社を置いています。

$ANY

Sphere 3D Corp.は、アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、およびアジア太平洋地域において、データ管理、デスクトップおよびアプリケーションの仮想化ソリューションを提供しています。企業は、コンテナ化されたアプリケーション、仮想デスクトップ、仮想ストレージ、物理的なハイパーコンバージドプラットフォームを通じて、パブリック、プライベート、またはハイブリッドクラウド戦略の組み合わせを展開することができます。
同社は、HVE-STACK高密度サーバーソリューション、HVE-VELOCITY高可用性デュアルエンクロージャーストレージエリアネットワークソリューション、HVE 3DGFX仮想化デスクトップインフラストラクチャソリューションなど、HVEコンバージドおよびハイパーコンバージドインフラストラクチャソリューションを提供しています。
また、Windowsアプリケーションの移行を容易にし、さまざまなデバイスからのアクセスを可能にする「Gシリーズ」アプライアンスや、仮想アプライアンスを提供する「Gシリーズ」クラウドソリューションを提供しています。さらに、最大4台のSATA IIIおよびSSDドライブで構成可能な1Uサーバーの「SnapServer XSR40」、最大12台のSATA III、SAS、SSDドライブで構成可能な2Uサーバーの「SnapServer XSR120」、ストレージソフトウェアソリューションの「GuardianOS」、多方向のWAN最適化レプリケーションを提供する「Snap Enterprise Data Replicator」などのSnapServerネットワークアタッチドストレージソリューションを提供しています。
Sphere 3D Corp.は、その製品をSnapServer、HVE ConneXions、UCX ConneXionsのブランド名で販売しています。Sphere 3D Corp.は、SnapServer、HVE ConneXions、UCX ConneXionsのブランド名で製品を販売しています。Sphere 3D Corp.は2007年に設立され、カナダのトロントに本社を置いています。

$EXFO

EXFO Inc.は、通信業界の固定・移動体通信事業者、ウェブスケール企業、光部品・ネットワーク機器メーカー向けに、テスト、モニタリング、分析のソリューションを提供しています。銅線/DSLテスト、分散分析、ファイバー検査、光源、ライブファイバー検出、ネットワークプロトコルテスト、光ファイバーマルチメータ、光損失テスト、OTDRとiOLM、パワーメータ、スペクトルテスト、テスト機能の仮想化、テストレポート作成と自動化、可変アッテネータ製品などのフィールドネットワークテスト製品や、モジュール式テストプラットフォームを提供しています。

同社は、米州、欧州、中東、アフリカ、アジア太平洋地域において、直販部隊、販売代理店、および代理店を通じて製品を販売しています。EXFO Inc.は1985年に設立され、カナダのケベック市に本社を置いています。

$UONE

Urban One, Inc.は、その子会社とともに、米国の都市型マルチメディア企業として事業を展開しています。同社は、4つのセグメントで事業を展開しています。ラジオ放送事業、ケーブルテレビ事業、リーチメディア事業、デジタル事業です。ラジオ放送部門は、主にアフリカ系アメリカ人や都市部のリスナーを対象としたラジオ放送事業を行っています。2020年12月31日現在、ラジオ放送部門は、13の都市部にFMまたはAM放送局54局、HD放送局7局、「Radio One」ブランドの低出力テレビ放送局2局を含む63の放送局を保有・運営しています。ケーブルテレビ事業では、アフリカ系アメリカ人向けのケーブルテレビネットワーク「TV One」を運営しています。リーチメディア事業では、「Get Up! Mornings with Erica Campbell Show」、「Rickey Smiley Morning Show」、「Russ Parr Morning Show」、「DL Hughley Show」などのシンジケート番組を運営しています。また、BlackAmericaWeb.com(アフリカ系アメリカ人を対象としたニュース・エンターテイメントサイト)の運営や、その他イベント関連事業を行っています。デジタル部門は、アフリカ系アメリカ人コミュニティを対象に、ソーシャルコンテンツ、ニュース、情報、エンターテイメントサイトを提供するデジタルプラットフォーム「Interactive One」を所有しています。このデジタルプラットフォームとブランドには、「Cassius」、「Bossip」、「HipHopWired」、「MadameNoire」があります。同社は、以前はRadio One, Inc.として知られていましたが、2017年5月にUrban One, Inc.に社名を変更しました。アーバン・ワン・インクは1980年に設立され、メリーランド州シルバー・スプリングに本社を置いています。

$PRTA

Prothena Corporation plcは、米国において、生命を脅かす疾患に対する新規治療法の発見と開発に注力している後期臨床段階の企業です。PRX002/RG7935はパーキンソン病およびその他の関連するシヌクレイノパチーの治療を目的とした第2相臨床試験、PRX004はATTRアミロイドーシスの治療を目的とした第1相臨床試験を実施しています。
F. ホフマン・ラ・ロシュ社およびホフマン・ラ・ロシュ社とは、αシヌクレインを標的とした抗体の開発・商業化に関するライセンス・開発・商業化契約を締結しており、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とは、抗体の開発に関する共同研究契約を締結しています。Prothena Corporation plcは、2012年に設立され、アイルランドのダブリンに本社を置いています。

金銀の大幅上昇

最近の金・銀相場のセンチメントを見てみましょう。 5月第1週の金・銀価格は大幅に上昇し、金は週次決算ベースで3.6%増、銀は6.2%増と、いずれも市場予想を大きく上回りました。

市場を見ると、10年前、つまり2011年5月の第1週に、中国の「メーデー」という祝日を利用して何者かが奇襲攻撃を仕掛け、成功したことを思い出します。 しかし、その時は今回とは逆に急落し、その週の金相場は4.16%、銀相場は27.39%も急落しました。

先週、米国のイエレン財務大臣は「利上げ」に関する発言を撤回し、最初は連邦準備制度を信じると言っていましたが、その後「利上げをしなければならないかもしれない」と発言しました。 金融市場が強く反応したため、イエレン議長は急遽発言を撤回し、「インフレが大きな問題になるとは思わない」と述べました。 また、その前後には、多くのFRB総裁が集中的にスピーチを行い、概ねパウエルと同様のハト派的な見解を示した。 これにより、米国の債券利回りは軟調に推移し、米ドルも下落したため、地金価格は押し目買いが入りやすい状態となりました。 また、イエレン議長が不利な発言をしたにもかかわらず、「心ある人々」が金価格を主要なテクニカルサポートレベル以上に保ち、その後の上昇に有利な環境を作ったことも評価できます。

金・銀市場が再び大きく上昇した最後の背景は、先月の非農業部門雇用者数の伸びが予想を大幅に下回ったことで、インフレ期待が冷え込み、米国の金利と通貨が下落したことでした。 先週末、米国の10年物実質金利はマイナス0.89%、30年物実質金利はマイナス0.03%に戻り、米国の通貨指数は90.22の安値まで下落しました。

まとめ

金と銀が大幅に上昇しました。金や銀の価格があがるという事は安全資産が買われている事を示唆し、株式市場から資金が抜けていることを示しています。実際にNasdaqを見ると、大幅な落ち込みを見せており米指数ではダウのみ強いという状況となっています。また、金の価格があがるという事は10年債の利回りが上がる可能性を示唆しています。10年債の利回りがあがれば株価、特にハイグロ系の株価に大きな影響があると思われます。ナスダックが主に影響をうけ、ナスダックと共に中国株も影響を受ける事となるでしょう。10年債がいま1.591で、これが2ぐらいまであがるとハイグロ系、中国株は手痛いダメージを受ける可能性があります。逆に素材系は好調を維持すると見られる。製鉄の($X/$MT/$TX)やアルミニウムの($AA/$CENX)、銅の($FCX/$SCCO)、鉄鉱石の($CLF/$VALE/$RIO)、ウラン($CCJ)などだ。金融、ヘルスケアも好調を維持しており、ハイグロ系は辛い展開となっている。ハイグロ系のバブルが2月に弾けて以来この傾向は続いており、金融、ヘルスケア、素材で攻めている人は利益を出している事だろう。

ロビンフッド、マサチューセッツ州の受託者ルールを提訴

マサチューセッツ州では、12月にオンライン証券会社の登録取り消しを求める訴状を修正しました。

オンライン証券会社のRobinhoodは木曜日、マサチューセッツ州の裁判所に訴訟を起こし、州のフィデューシャリー・ルールを覆し、その措置の最初のテストとなる子会社の1社に対する訴訟を終結させました。

その日のうちに、マサチューセッツ州のウィリアム・ガルビン長官は、Robinhoodに対する最初の行政告発を修正し、同社の顧客へのマーケティングに関する疑惑をさらに追加しました。ガルビンはまた、同州におけるRobinhoodのブローカー登録を取り消すことを求めている。

木曜日に発表された修正された訴状によると、過去4カ月間に、Robinhoodは「経験の浅い顧客を誘惑し、危険な取引に誘導し続ける文化」を示したという。訴状に詳述されている行為に加えて、訴状提出以降の[Robinhood]の行為は、マサチューセッツ州の投資家に実質的かつ継続的なリスクをもたらしています」。

Robinhoodは、マサチューセッツ州が何百万人もの新しい投資家のための人気のある市場ポータルを遮断しようとしていると反論し、その行為を「エリート主義であり、我々が支持するすべてのものに反している」と呼びました。

訴状でRobinhoodは、マサチューセッツ州の受託者規則はマサチューセッツ州法と連邦法の両方で無効であると主張しました。同社は、同州ではブローカーは受託者ではないとしている。

また、Robinhoodは、マサチューセッツ州の受託者規則は、ブローカーの助言基準である証券取引委員会のRegulation Best Interestに先んじられていると主張した。

Galvin氏はRobinhood社の訴えを一蹴した。

Reg BIでは、ブローカーは自分の利益を顧客の利益よりも優先してはならないとされています。しかし、投資アドバイザーに適用される受託者基準をブローカーに課すものではありません。

 

出典

https://blog.robinhood.com/news/2021/4/15/statement-on-massachusetts-securities-division-complaint

まとめ

アメリカでは州ごとに法律があるためこのような事が起こりえるのですね。Robinhoodと言えばGMEの件で一躍話題になりました。GameStop/AMC/Nokia/Blackberryなどの取引をRobinhoodが事前通告なく買い注文に対して制限をかけました。ボラティリティがありすぎるため取引をポジションクローズのみに制限するとユーザーに一方的に通告しました。GameStopやAMCはRedditやWallStreetBeatで話題になり株価が急騰していました。しかし、Robinhooodの制限以降株価は一気に下落し多くのRobinhooterが大損をしました。当時、InteractiveBrokerでもGameStop/AMCの購入制限があったことは記憶に新しいです。WallStreetBeatで急騰した銘柄ではヘッジファンドが複数ショートをしかけており、かなりの手痛い損を出していました。そのためRobinhooodの行動はヘッジファンドからの依頼で購入制限をかけたのではないかと一部で噂されました。最終てきにはRobinhoodが信用預託金不足で仕方なく購入制限したことがわかりましたが、Robinhoodは一部のユーザーからの信頼を失いました。日本からはRobinhoodの口座は開設できないが、今後の動向を注視したい。

ビットコインETFの登場を待つ

Osprey Fundsは、投資家のためのデジタルアセットソリューションを構築しています。Osprey Bitcoin Trust(OBTC)はその主力商品で、投資家は低コストで上場しているビットコインファンドにアクセスできます。また、フィデリティをカストディアンとするアドバイザーフレンドリーなファンドでもあります。このファンドは現在、米国のすべての投資家が伝統的な証券会社やIRA口座を通じてアクセスできます。米国でのビットコインETFの将来性について考察してみようと思います。

ビットコインの人気が高まり、人々がその投資の可能性を理解するにつれ、ビットコインの直接所有だけでなく、多くの場合、証券口座やIRAなど、基本的に退職後の生活のために貯蓄されている投資家の資本の領域を通じて、ビットコインにアクセスしたいと考えています。このように、ビットコインにアクセスするための未開拓の巨大な潜在市場があると考えています。それが信託を立ち上げた理由です。おっしゃるとおり、ETFはまだ登場していません。多くの人がいつ実現するかを議論しています。

約3年前、米国証券取引委員会(SEC)が業界に向けて公開書簡を出し、ビットコイン関連商品の承認には多くの懸念があると指摘しました。しかし、その懸念は市場によって解消されました。

ビットコインETFに関連して、さまざまな面で暗号空間に進展が見られるのは間違いありません。2022年にETFができても驚きではありません。

コメント

ビットコインは投機商品として人気だが各取引所ごとに値段が違う、どこに保管されているのかわからない、マイニングで利益を出している人がいる、そもそもどこに存在しいてるの?など不安点があります。それを大手ファンドがETFにしてリスクをヘッジしてくれるなら投資の対象として価値がでてくると思われます。イーサリアムのETFも最近では提案されており、まさに暗号資産元年といっても差し支えない状況になっていると思われます。ビットコインはTeslaが購入したことによりアメリカの企業の間で大きな信頼を得て様々な企業がビットコインを購入しだしました。日本で購入した場合、税制の関係上雑所得となるため累進課税となっています。ETFなら税金は20%ですむため日本人にとっては非常にありがたい存在となる可能性があります。日本ではビットコインのレバレッジは2倍となっています。海外の取引所を利用すればレバレッジ100倍のところもあるが、一般人には敷居が高いと思われます。ビットコインETFで3x bullがでてくればレバレッジでも上回ることができるようになります。今後も暗号資産のETFが提案されてくると思うので動向を注視したい。

出典

https://www.coindesk.com/nyse-files-to-list-shares-of-valkyries-bitcoin-etf

https://ospreyfunds.io

ウェルズ・ファーゴのアドバイザーの人数は前年比8%減

この減少は、国際的なウェルスマネジメント事業の終了に伴い、今後6ヶ月間続くものと思われます。窮地に立たされた銀行は、アドバイザーの人数を集計する方法を最近見直し、今年から約800〜900人のプライベートバンカーとポートフォリオマネジャーを含めるようになりました。

同行は水曜日の朝、3月末のアドバイザー数が前四半期比で236名(全体の2%)、前年同期比で1,087名(8%)減少したことを報告しました。

ウェルズ・ファーゴは最近、アドバイザー数の集計方法を見直し、今年から「プライベート・ウェルス」部門で働いていた約800~900人のプライベート・バンカーとポートフォリオ・マネジャーを含めるようになりました。この部門には、ウェルズ・ファーゴ・アドバイザーズに統合されるプライベート・バンクとアボット・ダウニングが含まれます。

アドバイザーの退職は、ウェルズ・ファーゴ・アドバイザーズが国際的なウェルスマネジメント業務を閉鎖し、アドバイザーが海外の顧客のために資金を管理することを停止することを含めて、今後6カ月の間に同社のアドバイザーの人数を侵食し続けることになるでしょう。ウェルズ・ファーゴ社は、同社を去る国際アドバイザーの具体的な数を公表していません。

しかし、海外の顧客は富裕層であることが多く、そのため儲かる可能性があり、ワイヤーハウスのファイナンシャルアドバイザーにとっては年間数千ドルの収益に貢献しているが、彼らは会社のために生み出す収益1ドルにつきおよそ40セントを得ている。

まとめ

ウェルズ・ファーゴと言えばJPM/BAC/Cと並ぶアメリカの大銀行です。JPM/BAC/Cともにコロナ禍の中株価をあげていますがWFCだけは株価はまだコロナ禍前を越えていません。不祥事がウェルズ・ファーゴで発覚したのは2016年でした。2011年から従業員による架空口座の作成やクレジットカードの作成が5年間にわたって行われていました。結局被害者に500万ドルの支払い、CEOの辞任、CFPBに1億8000万ドルの罰金が支払われました。この時に5000人を解雇しており、今回の解雇はこの時いらいの大きな物となります。かつては世界一の銀行で大きすぎてつぶせないとまで言われていたウェルズ・ファーゴですが最近ではすっかりJPM/BAC/Cの後塵を拝する事となってしまっています。利用しているシステムも古いから刷新した方が良いと言われており、不祥事の罰金で3300億支払ったばかりのところに更に資金が必要となっている模様です。しかし、ウェルズ・ファーゴの株価は最近では力強く戻りだしており、今後の株価に注目したい。

出典

https://www.wellsfargoadvisors.com/why-wells-fargo/about.htm

Finra、経費報告書の問題で元ゴールドマン・サックスのバンカーを追放

ゴールドマンは、不正確な事業費精算報告書の疑惑に直面した後、2019年にJared Ailstockを解雇していました。命令書によると、Finraは、この問題の調査に証言するために出頭しなかったため、Ailstockを禁止した。

ゴールドマン・サックスの元銀行員は、調査への協力を怠ったため、昨日、米国金融業界規制機構(Financial Industry Regulatory Authority Inc)から取引禁止処分を受けました。

これに先立つ2019年、ゴールドマンは、銀行員のジャレッド・アイルストックが不正確な事業費精算報告書の疑惑に直面したため、彼のFinra BrokerCheckプロフィールによると、彼を「除名」、つまり解雇していました。

Finraは、この問題の調査において証言に現れなかったため、Ailstockを出入り禁止にしたと報じられています。業界の自主規制機関であるFinraは、登録された担当者が会社から解雇された場合に問い合わせを行います。

Ailstockが2015年から2019年末まで勤務していたゴールドマンに在籍していた際に、どのような種類の業務費が問題になったのかは明らかになっていない。

彼のBrokerCheckレポートによると、Ailstockは、”本人が経費精算プランを利用して取り組むことに同意したビジネス経費精算の不正確な提出物に関する疑惑 “に直面した後、ゴールドマンから解雇されました。

エイルストックと彼の弁護士であるエイドリアン・M・ウォードは、金曜日のコメントの電話に応じませんでした。また、ゴールドマン・サックスの広報担当者もコメントを求められませんでした。

コメント

Finraとはアメリカで投資家保護や取引の透明性を不正の摘発を行っている民間組織であり、アメリカで証券ブローカー業務を行う際には登録が必要な機関となっている。Finraから出入り禁止になるということはアメリカの証券業界からの出入り禁止を言い渡されることになるためAilstock氏は非常に厳しい立場となった。ゴールドマンサックスと言えば1MDBをめぐる巨額汚職事件で29億ドルの制裁金が米司法当局より言い渡されたことが記憶に新しい。米司法当局だけではなく、SFC(香港の証券先物事務監察委員会)、FCA(英国の金融行為監督機構)、MAS(シンガポール金融通貨庁)にも制裁をくわえられた。1MDBはマレーシアの元ナジブ首相が立ち上げたファンドでタックスヘイブンを利用し、賄賂や個人用の不動産の購入に資金が使われた。45億ドル以上がマネーロンダリングされ資金流出したとされている。ゴールドマン・サックスと言えば世界でも有数な金融機関であるが、不祥事が立て続けに起きているため、今後に注視したい。

出典

https://www.thinkadvisor.com/2021/04/09/finra-bars-ex-goldman-rep-over-expense-reimbursement/