ビットコインETFの登場を待つ

Osprey Fundsは、投資家のためのデジタルアセットソリューションを構築しています。Osprey Bitcoin Trust(OBTC)はその主力商品で、投資家は低コストで上場しているビットコインファンドにアクセスできます。また、フィデリティをカストディアンとするアドバイザーフレンドリーなファンドでもあります。このファンドは現在、米国のすべての投資家が伝統的な証券会社やIRA口座を通じてアクセスできます。米国でのビットコインETFの将来性について考察してみようと思います。

ビットコインの人気が高まり、人々がその投資の可能性を理解するにつれ、ビットコインの直接所有だけでなく、多くの場合、証券口座やIRAなど、基本的に退職後の生活のために貯蓄されている投資家の資本の領域を通じて、ビットコインにアクセスしたいと考えています。このように、ビットコインにアクセスするための未開拓の巨大な潜在市場があると考えています。それが信託を立ち上げた理由です。おっしゃるとおり、ETFはまだ登場していません。多くの人がいつ実現するかを議論しています。

約3年前、米国証券取引委員会(SEC)が業界に向けて公開書簡を出し、ビットコイン関連商品の承認には多くの懸念があると指摘しました。しかし、その懸念は市場によって解消されました。

ビットコインETFに関連して、さまざまな面で暗号空間に進展が見られるのは間違いありません。2022年にETFができても驚きではありません。

コメント

ビットコインは投機商品として人気だが各取引所ごとに値段が違う、どこに保管されているのかわからない、マイニングで利益を出している人がいる、そもそもどこに存在しいてるの?など不安点があります。それを大手ファンドがETFにしてリスクをヘッジしてくれるなら投資の対象として価値がでてくると思われます。イーサリアムのETFも最近では提案されており、まさに暗号資産元年といっても差し支えない状況になっていると思われます。ビットコインはTeslaが購入したことによりアメリカの企業の間で大きな信頼を得て様々な企業がビットコインを購入しだしました。日本で購入した場合、税制の関係上雑所得となるため累進課税となっています。ETFなら税金は20%ですむため日本人にとっては非常にありがたい存在となる可能性があります。日本ではビットコインのレバレッジは2倍となっています。海外の取引所を利用すればレバレッジ100倍のところもあるが、一般人には敷居が高いと思われます。ビットコインETFで3x bullがでてくればレバレッジでも上回ることができるようになります。今後も暗号資産のETFが提案されてくると思うので動向を注視したい。

出典

https://www.coindesk.com/nyse-files-to-list-shares-of-valkyries-bitcoin-etf

https://ospreyfunds.io

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です