meuituan

Meituan(3690.HK)の2021年第一四半期の決算

Meituan1Q決算

2021年第1四半期には、中国政府による新型肺炎対策の効果もあり、当社のビジネスは力強い回復を見せました。

2021年第1四半期、当社のビジネスは力強い回復を見せました。 総売上高は、2020年第1四半期の168億人民元から、2021年第1四半期には370億人民元へと120.9%増加しました。

総売上高は、2020年第1四半期の168億人民元から、2021年第1四半期には370億人民元へと120.9%増加しました。 2021年第1四半期には、飲食料品のテイクアウェイおよびインストア、ホテルおよび旅行部門が優れた成長を記録し、総売上高は2020年第1四半期の168億元から370億元に達しました。

レストラン・テイクアウト、インストア、ホテル・トラベルの各部門は、2021年第1四半期に優れた成長を記録し、総営業利益は2020年第1四半期の6億元から39億元に増加しました。

これは、2020年第1四半期の6億人民元から増加しました。 新規事業などの営業損失は、より広範なサービスを提供するために投資を拡大したためです。

2021年第1四半期の調整後EBITDAおよび調整後純損失は、前年同期比でマイナス15億人民元に減少しました。

2021年第1四半期の調整後EBITDAは前年同期比でマイナス24億人民元、調整後純損失はマイナス39億人民元となりました。 営業活動によるキャッシュ・フロー

営業活動によるキャッシュ・フローは、2020年第1四半期の50億人民元から2021年第1四半期には44億人民元に減少しました。 時点

2021年3月31日現在、現金・現金同等物および短期金融投資はそれぞれ178億人民元および353億人民元でした。

2021年3月31日現在、当社の現金・現金同等物および短期金融投資は、それぞれ178億人民元および353億人民元であり、2020年12月31日現在の対応する残高はそれぞれ171億人民元および440億人民元でした。

2020年12月31日時点での関連残高は、それぞれ171億人民元と440億人民元となります。

まとめ

Meituanの2021年第一四半期の決算が発表されました。EPSは予想-0.6997に対して-0.65でBeats、売上高は予想35.38Bに対して37.02BでBeats、非常に良い決算でした。

コロナ対策が功を奏してMeituanの業績は急回復しているようです。売上はYoYで+120.9%と大幅に伸びました。コロナの影響もありテイクアウト事業は99.6%の伸びをしました。営業利益率も-0.7%から+5.4%へと急回復しました。Meituanの業績を見る限りは中国のコロナはほぼおさまったと見てよいでしょう。飲食物の宅配は中国ではかかせないサービスとなったようでコロナの影響で飲食店に大きな転換が訪れたようです。日本でもUberEatsや出前館が大流行しているように世界中で飲食は宅配するものという変化が生まれました。旅行部門はYoYで+112.7%と完全にコロナ前の業績に戻りました。ホテルの予約はYoYで+135.8%でした。日本はまだコロナ禍のなかにあり旅行どころか緊急事態宣言中でありますが、中国ではコロナは完全におさまり旅行業界も復活しているようです。

新事業としてEコマースを手がけているようです。B2Bの食品、飲料のサプライチェーンはYoYで+136.5%の伸びを見せたようです。コミュニティEコマースにも力を入れていてMeituan Preferredは2600都市に拡大しました。

研究開発費は35億元(600億円)に達しました。研究開発費が600億円とは凄まじい額です。日本企業でいうとキリン、ソフトウェア企業で言うとバンダイナムコの上あたりを行く巨大な額です。これでは日本のIT企業はMeituanを始めとしたATMXに勝てるわけがありません。Meituanははじめ食べログの大きいのぐらいだろうと思っていたのですが、食とレジャーの巨大なコングロマリットとなっていて全然別次元の巨大な企業でした。今後のMeituanの発展に注目したい

筆者 バニル@トウシネコ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です