A株の乖離 上海指数は1%近くの上昇で僅差で推移 個別銘柄は待望の上昇 短期市場は上昇の見込み

上海と深圳の主要3指数は高値で始まった後、下方向に揺れ動き、3つの株価指数は一旦グリーンになり、GEM指数は一旦日中1.5%以上下落した後、上海指数が率先して安定して反発し、デジタル通貨と酒のセクターが先導し、石炭のセクターなどが活発で、SMICのセクターは相対的に弱い。 一般的に、上海と深圳の上昇と下降、指数の大きさの違いはありますが、2つの都市で3400株近くが上昇し、800株だけが下降し、個々の銘柄の9%以上が90以上で上昇し、市場の短期的な気分のパフォーマンスが活発になりました。

上海指数は0.8%上昇の3,426.62ポイント、売買高は2,960億元、深圳指数は0.3%上昇の1,372.74ポイント、売買高は3,962億元、GEM指数は1.5%下落の2,783.37ポイント、売買高は1,290億元となり、最終的に0.26%下落して取引を終了しました。 なお、この週は24.06ポイント(0.7%)の下落となりました。 両市場の出来高は前々日に比べて若干回復しましたが、一日の売買高はまだ7,000億ドルには達しませんでした。 この日、北上した資本は、上海証券取引所から33億1,400万ドル、深圳証券取引所から38億3,900万ドルなど、一方的に正味71億5,300万ドルの買い越しを行い、一週間の累積正味買い越し額は250億ドル近くに達しました。

統計局は2021年第1四半期の国民経済の実績を発表しました。データによると、2020年第4四半期と比較して、比較可能な価格での第1四半期のGDP2491億元は、前年同期比18.3%の成長、0.6%の増加、2019年第1四半期と比較して、10.3%の増加、5.0%の2年間の平均成長率となります。 経済データによると、消費に強い成長の勢いがあり、その他の分野では、新エネルギー自動車、産業用ロボット、掘削・土木機械、マイクロコンピュータ機器、集積回路などがいずれも前年比60%以上の伸びを示しています。GDPのニュースが出た後、A株はいったん急落して緑色になったものの、タイムシフトの洗礼を受けてもA株市場の回復意欲には影響がなく、すぐに勢いを取り戻して市場を盛り上げました。

また、世界最大の中国株ファンドであるUBS(ルクセンブルグ)中国セレクト・エクイティ・ファンド(USD)は、3月に貴州Maotaiへの出資比率を15%近く高め、3月31日時点で同ファンドの3番目に大きなロングポジションとなっています。 当ファンドは、Tencentのポジションを追加し、Ping An of China、Ali、NetEaseなどのロングポジションも保有しています。

まとめ

UBSも中国の比率を高めていてますます中国株が世界から注目されます。中国のGDPの伸びは今後も7%前後で伸びていく事が想定されており、株式市場も好調であることが想定できます。いままでは米国にさえ投資すれば基本的に右肩上がりであがっていくと思われていましたが、今後は中国も同じように株価は右肩上がりで上がっていくと思われます。もちろんすべての銘柄ではないため厳選していかなくてはいけませんが、H株のなかにも良い銘柄はたくさんあるでしょう。例えばBAT(バイドウ、アリババ、テンセント)などはこれからも盤石でしょう。また家電メーカーのハイアールなども伸びていく事でしょう。中国では教育が盛んです。オンライン教育関係も良いかもしれません。GAFAMの次はアメリカからではなく中国から巨大IT産業が出てくるかもしれません。中国とEUで貿易協定が合意されています。EU圏(5億人)に中国から車をはじめ様々なものが輸出されます。NIO/Xpev/LiなどのEVメーカーがEU圏を席巻する可能性もあるでしょう。中国株の今後は明るい未来しか見えず、今後右肩上がりをすることが想定されます。今後の中国株の動向に注目したい。

出典

https://stock.hugangcaijing.com/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です