マスターカード

マスターカード株価のリアルタイムチャートとPER/PBR【時間外】も表示

マスターカード株価リアルタイムチャート【時間外】

マスターカードのPER/PBRと目標株価と今後の見通し

2021/7/26現在 マスターカードの投資評価はBuyで目標株価は$400.13です。

PERは59.76でPBRは61.19です。

マスターカードの決算

2021年2Q決算

EPSは$1.95でアナリストの予想を上回りました。売上高も$4.53Bで予想を上回りました。良いけっさんだったと思います。3Qの目標は$2.19/$4.96Bです。

2021年Q1決算

EPSは$1.74でアナリストの予想を上回りました。売上高も$4.16Bで予想を上回りました。大変良い決算だったと思います。Q2の目標は$1.75/$4.37Bです。

筆者 バニル@インベストJ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

ショッピファイ $shop

ショッピファイ株価のリアルタイムチャートとPER/PBR【時間外】も表示

ショッピファイ株価のリアルタイムチャート【時間外】

ショッピファイのPER/PBRと目標株価と今後の見通し

2021/7/26現在 SHOPの投資評価はBuyで目標株価は$1,499.81です。

PERは121.88でPBRは21.15です。

出典 marketbeat.com 

ショッピファイの決算

2021年2Q決算

EPSは$2.24でアナリストの予想を上回りました。売上高も$1.12Bで予想を上回りました。良い決算だったと思います。3Qの目標は$1.19/$1.14Bです。

2021年1Q決算

EPSは$2.01でアナリストの予想を上回りました。売上高も$988.65Mで予想を上回りました。大変良い決算だったと思います。Q2の目標は$0.96/$1.05Bです。

筆者 バニル@インベストJ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

ドキュサイン

ドキュサイン株価のリアルタイムチャートとPER/PBR【時間外】も表示

目次

ドキュサイン株価のリアルタイムチャート【時間外】

ドキュサインのPER/PBRと目標株価と今後の見通し

2021/7/26現在 ドキュサインの投資評価はBuyで目標株価は$273.00です。

PERはN/Aです。PBRは244.8です。

ドキュサインの決算

2021年Q1決算

EPSは$0.44でアナリストの予想を上回りました。売上高も$469.08Mで予想を上回りました。大変良い決算だったと思います。Q2の目標は$0.40/$488.00Mです。

筆者 バニル@インベストJ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

ファイザー

ファイザー株価のリアルタイムチャートとPER/PBR【時間外】も表示

ファイザー株価のリアルタイムチャート【時間外】

ファイザーのPER/PBRと目標株価と今後の見通し

2021/7/26現在 ファイザーの投資評価はHoldで目標株価は$41.69です。

PERは25.28でPBRは3.43です。

ファイザーの決算

2021年1Qの決算

EPSは$0.93でアナリストの予想を上回りました。売上高も$14.58Bで予想を上回りました。大変良い決算だったと思います。Q2の目標は$0.98/$18.73Bです

ファイザーの株価に関係するニュース

米ファイザーと独ビオンテックは、新型コロナウイルスワクチンの2回目接種から6カ月経過すると感染のリスクが高まるとのデータがイスラエルから公表されたことを受け、欧米の規制当局に追加接種の許可を求める方針だ。

ワクチンのブースーターショット(3回目)を2回目接種後半年以降に求めるようだ。ファイザーのワクチンを接種している人数は数億に上ると思われ、予定より早いブースターショットの摂取によりファイザーの業績はまた上がると思われる。ただし、アナリストの予想もブースターショット込みの予想となると思われるため株価にダイレクトに影響があるのかは不明

筆者 バニル@インベストJ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

3倍ETFマンが米国レバレッジETFを徹底比較!億り人への近道はこれだ!

レバレッジETFには何があるの?
危険性はないの?
実際儲かるの?

この記事では上記のような疑問を解決していきます。

この記事の概要

  • ETFTとは?
  • 危険性はないの?
  • リターンはどうなの?
  • 取引できる証券会社はどこ?
  • ETFの一覧(3倍/2倍)

こんにちは管理人の3倍ETFマンことバニル@インベストJです。レバレッジETFは億り人を出したことで今注目を集めていますね。そんなレバレッジETFには危険性はないのか?どのレバレッジETFがパフォーマンスが良いのか?徹底比較しました。
有名どころのETFからマイナーなETFまでレバレッジETFを調査しましたので投資の際の参考にしてください。

目次

ETFは、Exchange Traded Funds(上場投資信託)の略で、一般の株式同様に証券取引所に上場された投資信託です。
一般の株式と同様にザラ場ではリアルタイムに値動きしますし、売買することができます。
投資信託と比べた場合、リアルタイムに取引が可能、手数料が投資信託に比べて安い場合が多いです。
ETFはNasdaqやNYSEに上場しており日本の大手証券会社を通じて売買が可能です。

3倍ETFマンお勧めのレバレッジETFとは?

レバレッジETFとはETFの200%または300%の日々のパフォーマンスを目指すETFです。
チャートが右肩上がりの株価指数連動型のレバレッジETFを選ぶのが勝利への近道です。

何故ならレバレッジETFは毎日決済されるためレンジ相場では減価します。そのため常に右肩上がりのレバレッジETFでないと勝つことは難しいです。

右肩上がりのチャート言えば米国の株価指数連動型のETFが真っ先に思いつきます。具体的にはSPXL/TQQQなどです。

レバレッジETFを選ぶ際には必ず右肩上がりのチャートをしている物を選びましょう。

レバレッジETFに危険性はないのか?

レバレッジETFは3倍の値動きをするため危険性はあります。コロナの時のSPXLの落ち方は激しいものがありました。下図を見てもらえばわかりますが最高値から1/4の価格まで落ちています。

spxlコロナ下落

このような大暴落に巻き込まれたら大変です。そのため毎日のニュースと株価のチェックが大事です。欲張らずにある程度の利益で建て玉を減らすなどの工夫が必要です。

レバレッジETFのリターンは大きい

まず下図のSPXLを見てください。

spxlコロナ後

コロナの底からだと約6倍に値上がりしています。レバレッジETFの面目躍如といったところです。危険性は確かにありますが、3倍のメリットを生かせる上昇局面では爆発的な利益を出すことができます。

こちらはSOXLのチャートですが、約8倍になっています。やはり3倍ETFの爆発力は絶大です。

レバレッジETFの取引できる証券会社は?

証券会社によって手数料や取り扱い銘柄に差があります。IBKRとFirsTradeは米国の証券会社です。サクソバンクとIBKRとFirsTradeは米国の上場ETFを全て購入できます。

3倍ETFマンのレバレッジETF比較表と紹介

米国に上場していて日本の大手証券会社で購入ができる物を紹介します。
サクソバンクやInteractiveBrokerやFirsTradeでしか購入できない銘柄はその旨記載があります。

比較表ではWEBL/FAS/CURE/YINNはデータが無かったため除外してあります。手数料は全て0.95%です。

手数料(経費率) 5年間のリターン 5年間のシャープレシオ 5年間の標準偏差
SPXL 0.95% 38.78% 0.93 47.6
SOXL 0.95% 89.43% 1.28 70.46
TECL 0.95% 72.98% 1.26 54.45
DPST 0.95% -2.32% 0.46 85.6
EDC 0.95% 16.58% 0.56 51.6
TNA 0.95% 25.71% 0.71 63.78
TQQQ 0.95% 72.54% 1.27 54.61

レバレッジETFの手数料は0.95%です。日本の投資信託よりは安いと言ったところでしょうか。
売買手数料は1約定当たり0.495%程度で往復0.99%です。リターンが大きいSOXL/TECL/TQQQあたりだと手数料は気になりませんね。

シャープレシオとは簡単に説明するとリスクを取った時にどれだけのリターンを見込めるかという数字で1より大きい事が望ましいです。

標準偏差は数値が大きければ大きいほど上下の差が大きい事を示します。
この比較表からだとSOXL/TECL/TQQQがパフォーマンスが良いことがわかります。

この2020年から2021年の1年間をチャートで比較してみましょう。SPXLをベースに比較してみます。黄色がTQQQ、オレンジがSOXL、水色がTECL、ロウソク足チャートがSPXLです。

spxl spxl tecl tqqq 比較チャート

SOXL/TECL/TQQQともにSPXLをアウトパフュームしています。特にSOXLとTQQQのパフォーマンスが良いように見えます。

レバレッジETFというとSPXLが代表格ですが、セクターを絞った方がパフォーマンスが良い事がわかりました。

SOXL/TECL/TQQQについて後述していますので参照してください。

S&P500連動の3倍レバレッジETF【 SPXL】(VOO3倍)

SPXLはVoo3倍ETFとも言えます。
SPXLはS&P500の3倍の値動きをする銘柄で、「Direxion Daily S&P 500 Bull 3X Shares」です。
S&P500とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが公表している米国の代表的な株価指数の1つです。ニューヨーク証券取引所、NASDAQ等に上場している企業から代表的な500銘柄を時価総額で加重平均し、指数化しています。
そのため、S&P500に投資すれば、アメリカの主要企業500社へ投資しているのと同じ効果が期待できます。日本で言うところの日経225に近い指数です。S&P500は米国株価の80%を網羅しているため米国市場全体の局面を把握するのに適した指数です。

SPXL株価のリアルタイムチャート

SPXLの構成銘柄

ティッカー 会社名
AAPL アップル
MSFT マイクロソフト
AMZN アマゾン
GOOG アルファベット(Google)
FB/td> フェイスブック
BRK バークシャーハサウェイ
TSLA テスラ
NVDA エヌビディア

SPXLのベア(インバース) SPXS

S&P500のベア型300%のパフォーマンスを目指します。SPXLが常に右肩上がりであることを念頭に入れて投資判断をしてください。

SPXLの手数料と今後の株価

経費率は1.01%です。決して安くはないです。
コロナ後の反発を見ても、それまでのチャートをみてもS&P500のチャートは右肩あがりです。なぜ右肩上がりなるかというと米国の経済が発展しているからです。世界中の投資家の資金が米国に集中しているためS&P500のチャートは右肩上がりなのです。今後どうなるかは断言はできませんが、やはり上がる可能性が高いと思われます。

半導体関連の3倍レバレッジETFの【SOXL】

SOXLは、正式名称としては “Direxion Daily Semiconductor Bull 3X Shares ETF” です。
 フィラデルフィア半導体株価(通称SOX)指数を参照するレバレッジ3倍(ブル) 米国ETFとなります。
半導体は産業のコメとも言われており、産業の発展になくてはならないセクターとなります。SOXLに投資すればEV、コンピュータなどに間接的に投資することができます。

SOXL株価のリアルタイムチャート

SOXLの構成銘柄

ティッカー会社名
INTC インテル
TSMTSMC
AVGOブロードコム
NVDAエヌビディア
ASMLASML
QCOMQualComm
AMDAdbanced Micro Tecnorogy

SOXLのベア(インバース) SOXS

SOXのベア型でパフォーマンス300%を目指します。SOXLが常に右肩上がりであることを念頭に入れて投資判断をしてください。

SOXLの手数料と今後の推移

SOXLの経費率は0.95%です。
SOXLは半導体産業30社に連動するETFとなります。半導体は今後も売り上げが上がる事が見込まれています。中国の台頭がまだ先になる事を考えるとしばらくは半導体の価値は上がり続けるのではないでしょうか。

テクノロジー関連の3倍レバレッジETFの【TECL】

Direxion Daily Technology Bull (TECL) and Bear (TECS) 3X Sharesは、テクノロジー・セレクト・セクター・インデックスのパフォーマンスの300%、またはインバース(反対)の300%のレバレッジETFです。代表的な企業だとAppleが含まれています。

TECL株価のリアルタイムチャート

TECLの構成銘柄

ティッカー 会社名
AAPL アップル
MSFT マイクロソフト
NVDA エヌビディア
V ビザ
PYPL ペイパル
MA マスターカード
ADBE アドビ

TECLのベア(インバース) TECS

テクノロジー・セレクト・セクター・インデックスのパフォーマンスのベア300%を目指します。TECLが常に右肩上がりであることを念頭に入れて投資判断してください。

TECLの手数料と今後の推移

TECLの経費率は1.08%です。決して安くはないです。
TECLは過去右肩上がりで株価が推移してきました。米国のテクノロジー企業が主体のETFなため米国のテクノロジーが発展する限りTECLも右肩上がりに推移するのではないかと思います。

インターネット関連の3倍レバレッジETF【WEBL】

Direxion Daily Dow Jones Internet Bull 3X Shares ETFは、米国のExchange Traded Fundです。WEBLは、手数料・費用控除前の日々の投資成果を、ダウ・ジョーンズ・インターネット総合指数の日々のパフォーマンスの300%のレバレッジETFです。代表的な企業はアマゾンやグーグルが含まれています。

WEBL株価リアルタイムチャート

WEBLの構成銘柄

ティッカー 会社名
AMZN アマゾン
FB フェイスブック
PYPL ペイパル
GOOG/GOOGL アルファベット
CRM セールスフォース
NFLX ネットフリックス

WEBLのベア(インバース) WEBS

Daily Dow Jones Internet指数の300%ベア型のETFです。WEBLの構成銘柄はAMZN/FBなど過去右肩上がりに上がってきた銘柄が多いです。投資判断は慎重にした方がいいと思われます。

WEBLの手数料と今後の推移

WEBLの経費率は0.95%です。レバレッジETFの中では安い方です。
WEBLの構成銘柄の多くがアマゾン、フェイスブック、グーグルです。過去5年間株価も業績も右肩上がりに上がり続けてきた銘柄です。天井がいつか来るのかもしれませんが、まだ天井であると言いきれませんので、上か下かで判断するなら今後も右肩上がりで推移すると思います。

金融関連の3倍レバレッジETF【FAS】

Direxion Daily Financial Bull (FAS) 3X Sharesは、手数料・費用控除前で、Russell 1000 Financial Services Indexのパフォーマンスの300%のレバレッジETFです。代表的な企業だとバークシャーハサウェイやJPモルガンチェースなどが含まれています。

FAS株価のリアルタイムチャート

FASの構成銘柄

ティッカー 会社名
BRK バークシャーハサウェイ
JPM JPモルガンチェース・チェース
BAC バンクオブアメリカ
WFC ウェルズファーゴ
C シティグループ
MS モルガンスタンレー
BLK ブラックロック

FASのベア(インバース) FAZ

Russell 1000 Financial Services Indexのベア300%を目指すETFです。FASは過去右肩上がりに株価が推移してきたためFAZへの投資判断は慎重に行いたいです。

FASの手数料と今後の推移

経費率0.95%です。
米国の金融機関は米国の経済の発展と共に業績が拡大して、株価も上がってきました。米国の経済が今後数年で急に停滞するとも思えず、堅調な推移をすると思われます。

金融関連の3倍レバレッジETF【DPST】

Direxion Daily Regional Banks Bull 3X Sharesは、米国の上場投資信託です。このファンドは、日々の投資成果として、S&P Regional Banks Select Industry Indexのパフォーマンスの300%を目指すレバレッジETFです。DPSTは、多くのETFとは異なり、非常にリスクが高いものです。

DPSTのリアルタイムチャート

DPSTの構成銘柄

ティッカー 銀行名
SI Silvergate Capital Corp
PNC The PNC Financial Services Group, Inc.
EWBC East West Bancorp, Inc.
PNFP Pinnacle Financial Partners, Inc.
SIVB SVB Financial Group
SBNY Signature Bank
HBAN Huntington Bancshares Incorporated

DPSTの手数料と今後の推移

経費率0.95%です。
DPSTの過去の推移はボックスレンジからやや下降局面に来ているETFと言えるでしょう。コロナ後の低金利から回復局面では上昇は見込めますが、それ以降ではパフォーマンスは落ちると思われます。

新興国関連の3倍レバレッジETF【EDC】

Direxion Daily MSCI Emerging Markets Bull (EDC) 3X Sharesは、手数料・費用控除前の日々の投資成果を、MSCI Emerging Markets IndexSMのパフォーマンスの300%を目指すレバレッジETFです。 代表的な企業としてTSMCやテンセントが含まれます。

EDC株価のリアルタイムチャート

EDCの構成銘柄

会社名 割合%
TWN Semicont Man 6.19
Tencent Holdings 5.03
Alibaba Group 4.99
Samsung 3.98
Meituan 1.73
Naspers 1.06

EDCのベア(インバース) EDZ

Daily MSCI Emerging Marketsのベア300%を目指すETFです。EDCは過去ボックスレンジを形成しており一概にベアが悪いとは言い切れません。しかし構成銘柄の上位を見ると世界の名だたる企業が並んでおり、ベアが果たして正しいのかどうか難しいところです。

EDCの手数料と今後の推移

経費率0.95%です。
株価はボックスレンジで推移しています。世界経済は上向いているはずなのにボックスを形成しているということは世界の資金が株式市場にいっておらず、どこかにいってしまっているという事です。業績と株価は連動するとは限らないといいますが、EDCのチャートを見ると確かにそう思えます。レンジで推移する可能性が高いと思います。

ヘルスケア関連の3倍レバレッジETF【CURE】

Direxion Daily Healthcare Bull 3X Sharesは、日々の投資成果を、ヘルスケア・セレクト・セクター・インデックスのパフォーマンスの300%とすることを目指すレバレッジETFです。代表的な企業としてはJ&Jやファイザーが含まれています。

CURE株価のリアルタイムチャート

CURE構成銘柄

会社名 割合%
Johnson & Johnson 9.20
United Health 8.01
Pfizer 4.65
Abbott Labs 4.37
Abbvie 4.22
Thermo Fisher Scientific 4.20

CUREの手数料と今後の推移

経費率は0.95%です。
CUREは米国の経済発展と共に右肩上がりに株価を上げてきました。米国のヘルス事業は世界でももっとも先進的で利益も上げています。今後数年で米国の優位性が崩れるとも思えず、CUREは堅調に推移していくと思われます。

ラッセル2000連動の3倍レバレッジETF【TNA】

Direxion Daily Small Cap Bull (TNA) 3X Sharesは、手数料・費用控除前で、ラッセル2000インデックスのパフォーマンスの300%の日々の投資成果を目指すレバレッジETFです。代表的な企業としてはAMCがあげられます。

TNA株価のリアルタイムチャート

TNA構成銘柄

会社名 割合%
AMC Entertainment 0.86
Intellia Therapeutics 0.34
Arrowhead Pharmaceuticals 0.28
Ovintiv 0.27
Lattice Semiconductor 0.25
II Vi 0.25
Crocs 0.25

TNAベア(インバース)TZA

ッセル2000インデックスのパフォーマンスのベア300%です。ラッセル2000は過去右肩上がりに上がってきた指数な為TZAを購入するときは注意が必要です。

TNAの手数料と今後の推移

経費率は0.95%です。
ラッセル2000は米国の経済発展と共に右肩上がりに上がってきました。様々なベンチャーがラッセルを経て大きくなってきました。米国の経済が今後も発展していく事を考えるとTNAも堅調に推移していくと思われます。

中国関連の3倍レバレッジETF【YINN】

Direxion Daily FTSE China Bull (YINN) and Bear 3X Sharesは、FTSE China 50 Indexのパフォーマンスの300%の日々の投資成果を目指すレバレッジETFです。代表的な企業としてはアリババや美団などがあげられます。

YINN株価のリアルタイムチャート

YINNの構成銘柄

会社名 割合%
Alibaba Group 9.64
Meituan 9.37
Tencent 8.81
China Construction Bank 5.87
WUXI Biologics 5.12
PING An 4.67
JD.com 4.55

YINNのベア(インバース) YANG

FTSE China 50 Indexのベア300%のETFです。YINNはぼっくレンジを形成していますが、中国経済自体は成長しているためベアはかなり難しい投資判断だと思います。投資する際には気をつけるようにしてください。

YINNの今後の推移

YINNはボックスレンジと下降局面を繰り返してきました。ただし構成銘柄がAMTXやJD.comなどの中国の巨大企業を含んでいるため、今後もボックスレンジを形成するかは不明です。3倍ブルなため値下がりした時に活用するのが良いETFかもしれません。

ナスダック連動の3倍レバレッジETF【TQQQ】

TQQQを買える証券会社は限られていて、サクソバンク/IBKR/FirsTradeでしか購入することはできません。
レバレッジETFのTQQQは、ある基準価額の計算から次の基準価額の計算までの1日の間に、基礎となるベンチマーク(ターゲット)の3倍のリターンを目指すものです。日次リターンの複利効果により、1日以上の保有期間では目標リターンと大きく異なるリターンが得られる可能性があります。また、1日以外の期間でのプロシェアーズのリターンは、同期間の目標リターンと金額および場合によっては方向性が異なる可能性があります。QQQの3倍のパフォーマンスを目指します。

TQQQのリアルタイムチャート

TQQQの構成銘柄

会社名 割合%
Apple Inc. 11.00%
Microsoft Corp. 9.82%
Amazon.com Inc. 8.35%
Facebook Inc.-Class A 4.01%
Alphabet Inc.-Class C 3.90%
Tesla Inc. 3.90%
NVIDIA Corp. 3.65%
Alphabet Inc.-Class A 3.53%

TQQQのベア(インバース) SQQQ

QQQのベア300%を目指すETFです。過去5年間QQQは上がり続けてきました。5年間でおおよそ3倍の価格になっています。SQQQで3倍のベアを投資するのはよほど確信がある時を除いてやめた方が良いでしょう。

TQQQの手数料と今後の推移

経費率0.95%です。
QQQは過去上がり続けてきました。世界中の投資家がNasdaq100 Indexに投資し続けてきた結果がQQQやTQQQのパフォーマンスです。一朝一夕にこのお金の流れが変わるとは思えず、今後も堅調に推移していく事が想定されます。

ここからは米国に上場している2倍bullのETFです。
CWEB/NUGT/INDLなどです。

中国テクノロジー関連の2倍レバレッジETF【CWEB】

Direxion Daily CSI China Internet Index Bull 2X Sharesは、CSI Overseas China Internet Indexのパフォーマンスの200%の日々の投資成果を目指すレバレッジETFです。代表的な企業としてはアリババやテンセントが含まれています。

CWEB株価のリアルタイムチャート

CWEBの構成銘柄

会社名 割合%
Tencent 9.51
Alibaba Group 9.21
Meituan 8.35
Pinduoduo 6.80
JD.com 6.27
Bilibili 4.56
Baidu.com 4.22
KE Holdings 4.19

CWEBの手数料と今後の推移

経費率は0.95%です。
CWEBはボックス相場から一度大きく値上がりしてまた元の価格に戻ったところです。世界の資金がまだ中国に向いていないという事でしょう。しかし構成銘柄を見るとネット関連の巨大企業が目立ちます。底をついたらまた上昇局面が来るのではないでしょうか。

金鉱関連の2倍レバレッジETF【NUGT】

Direxion Daily Gold Miners Index Bull (NUGT) 2X Sharesは、手数料・費用控除前の日々の投資成果として、NYSE Arca Gold Miners Indexのパフォーマンスの200%を目指すレバレッジETFです。NUGTの投資目的を達成することを保証するものではありません。

NUGT株価のリアルタイムチャート

NUGTの構成銘柄

会社名 割合%
Newmont 15.52
Barrick Gold 11.24
Franco Nevada 8.47
Wheaton Precious Metals 6.06
Newcrest Mininginary 4.92
Agnico Eagle Mines 4.32
Kirkland Lake Gold 3.55

NUGTのベア(インバース) DUST

NYSE Arca Gold Miners Indexのベア200%を目指すETFです。NUGTは下降局面からレンジに移行したETFです。値上がりした時にベアのDUSTに投資するのは面白いかもしれません。

NUGTの手数料と今後の推移

経費率は0.95%です。
NUGTは金の探査と採掘をしている銘柄のETFです。金価格が高騰でもしないかぎり大幅は上昇は見込めないでしょう。大局的に見ると下降しているのでわざわざこのETFを購入する意味合いは大きくないと思います。

インド関連の2倍レバレッジETF【INDL】

Direxion Daily MSCI India Bull 2X Sharesは、MSCIインド・インデックスのパフォーマンスの200%になることを目指すレバレッジETFです。このファンドが記載された投資目的を達成する保証はありません。

INDL株価のリアルタイムチャート

INDLの構成銘柄

会社名 割合%
Reliance Industries 9.52
Infosys 8.51
Housing Development Finance 6.70
Icici Bank 5.10
TATA Consultancy Services 4.89
Hindustan Unilever 3.21
AXIS Bank 2.68

INDLの手数料と今後の推移

経費率は0.95%です。
インドは長らくボックス相場と下降を繰り返してきました。多種多様な民族と言語、宗教の壁などがあり、人口は多いが経済はなかなか発展しない国でした。最近、米国がインドに投資をしだしたので今後は徐々に発展していくのかもしれません。しかしINDLに投資するのはかなり長期スパンで考えた方が良いと思います。

3倍ETFマンによるレバレッジETFまとめ

レバレッジETFの場合リターンが大きい場合があるので手数料はあまり気にならないのではないでしょうか。日本の投資信託に比べればまだ安いという場合も多いのでキャピタルゲインも考慮して比較検討をしてみてください。この記事ではシャープレシオでパフォーマンスを計っていますので是非シャープレシオで比較検討してみてください。

筆者 バニル@インベストJ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

低炭素時代(脱炭素時代)のグリーン環境株やカーボン関連株一覧


カーボンニュートラルとは何?
カーボンニュートラルを推進すると好影響が出るセクターはどこ?
具体的な企業名とどんな企業なのか概要がしたい?

この記事ではこんな悩みを解決します。

この記事の概要

  • カーボンニュートラルとは
  • 伸びるセクター
  • 具体的な企業名と概要

バニル@インベストJです。中国株や米国株を約5年見てきて今時代が動いているのがはっきりとわかります。
自動車産業ではガソリン車からEVへと、エネルギー分野も原油からクリーンエネルギーへと産業全体が大きく転換する時代へと来ています。
このような時代に1投資家としてどこの分野に投資をすれば良いのか、調査しましたのでご覧ください。

目次

カーボンニュートラルとは

カーボンニュートラル(気候中立)とは、ライフサイクル全体で見たときに、二酸化炭素(CO2)の排出量と吸収量とがプラスマイナスゼロの状態になることを指します。
2000年代まで人類は化石燃料を使用し文明を築いてきました。しかし、気候変動などにより温暖化などが問題となってきました。そこで先進国が中心となって2017年にパリで開かれたワン・プラネット・サミットでカーボンニュートラル宣言がなされました。
カーボンニュートラルには2つの側面があります。

  • 化石燃料をクリーンエネルギーに変更しCO2の排出を抑える。EVなどがこれにあたります。
  •  やむをえず化石燃料を使用する場合は排出権の購入や植樹などで代替する。

現在ガソリン車のEV化が凄い勢いで進んでいます。EVの次に伸びそうな産業などを探っていきましょう。

カーボンニュートラルと伸びるセクター

2020年を振り返るとカーボンニュートラル関係だとEV関連やリニューアルエナジー関連の株価が上がりました。その後いったん落ち着いていますが決算で好決算を出してくることは間違いないため株価は要注目です。

EV

EVの需要は間違いなくあがりますがEVメーカーは株価が高くなってしまったため、EVのもっとも高額なコンポーネントであるバッテリーに注目します。バッテリー分野では韓国勢が頑張っていましたが、最近では中国勢が優勢になってきています。
全個体電池に移行する前段階の半個体電池は2021/1月にNIO Dayで発表されましたが、まだ大量生産の見込みはなく高額な物となるでしょう。
しばらくは価格が安く性能もそこそこで、発火の危険性の低いリン酸鉄リチウムイオンバッテリーがバッテリー界を席巻すると思われます。

太陽光発電

太陽光発電はこれからも需要が伸びていくでしょう。以前は日本勢の独壇場でしたが現在では中国勢の独壇場です。現在多結晶から単結晶に市場が変わっていき製造メーカーのシェアがドラスティックに変わっています。

燃料電池

ここではFCVの燃料電池ではなく発電して蓄電するタイプの燃料電池の事を指しています。FCVはインフラが整うまで時間がかかり普及したとしても数年後になるため考慮外とします。
EVを自宅に駐車したときに充電をしますが、この充電をクリーンエネルギーにできないか?
または天然ガスから直接発電して蓄電できないかというのが、燃料電池の使用用途です。
または太陽光発電を充電しておいて夜間に使用できないか?
充電ステーションに燃料電池を配置し、昼間は太陽光発電で発電し夜間は天然ガスで発電し蓄電する構想です。
砂漠の真ん中や僻地では充電ステーションを設置するための電線の敷設が高額になってしまいます。太陽光発電+天然ガスの燃料電池でしたら電線の敷設は必要ないため需要はあるのではないかと思います。

水素

水素は作り方によって3種類の呼び方があります。
化石燃料から作られ、製造時にCO2を排出するのがグレー水素
化石燃料からの製造時にでる二酸化炭素をCCS技術などで抑えるのがブルー水素
水の電気分解により、二酸化炭素を排出しないでつくるのはグリーン水素

水の電気分解で作るには大量の電池が必要となります。考えられるのが太陽光発電で発電した電気で水素を作り、蓄電設備の代わりに水素を保存する利用法です。
中国の太陽光発電の大手Longiなども水素の研究に投資しだしたため数年後には製品が出てくると思われます。

小型原子炉

カーボンニュートラルを実現するうえで問題となるのが総発電量です。太陽光発電などのリニューアルエネルギーは安定供給できないため代替となる電力源が必要です。
そこで考えられているのが小型原子炉です。日本でも研究されていますが、恐らく日本国内では原子炉は東日本大震災があったので無理でしょう。しかし米国中国では研究は酸です。

天然ガス 

実は天然ガスは燃焼時にCO2を殆ど排出しないためクリーンエネルギーとされています。日本近海にはメタンハイドレードが大量にあるため天然ガスの活用は日本にとって良い選択肢かもしれません。アメリカ/中国/ヨーロッパでも天然ガスを利用した燃料電池の活用は検討されています。

車載バッテリー

バッテリー

韓国のSKIとLG科学とパナソニックがまだ頑張っていますが、中国の企業の方が技術力、価格面で優れています。現在主流となってきているリン酸鉄リチウムイオン電池も現在のところ中国勢が頑張っている状況です。

CATL

CATLは中国国内および海外で電気自動車用およびエネルギー貯蔵用バッテリーシステムの研究開発、生産、販売を行っています。同社のリチウムイオン電池は、電気乗用車、電気バス、電気トラック、その他の特殊車両に使用されています。中国のバッテリーシェア1位です。

BYD

主に世界各地で自動車および関連製品の研究、開発、製造、販売を行っています。BYDは3つのセグメントで事業を展開しています。BYDは、二次電池および太陽光発電製品、携帯電話端末の部品および組立サービス、自動車および関連製品の3つのセグメントで事業を展開しています。2021年半導体、バッテリー部門を子会社化し他の会社と提携しだしました。TOYOTAとのアライアンスも発表され唯一の弱点であったブランドが改善されるかもしれません。

国轩高科

国轩高科は中国のパワーバッテリー業界で最も早く資本市場に参入した国営企業であり、2015年5月に上場しました。中国でのバッテリーはシェア3位です。2020年にフォルクスワーゲンと提携しドイツにバッテリー製造工場を建てる事で合意しました。

太陽光発電

太陽光発電

リニューアルエナジーの代名詞である太陽光発電です。かつては日本勢が優勢でしたが世界シェアは中国勢が握っています。太陽光発電というと昼間しか発電できないので意味が無いという意見もありますが、蓄電や夜間の代替エネルギーがあれば問題は解決されるため現在研究がおこなわれています。

Tongwei Solar 通威太陽能

Tongwei Solar(TW Solar)は、太陽電池のコア製品の研究開発、製造、販売を行っています。世界最大の結晶シリコン太陽電池生産企業として、通威太陽能は現在4つの拠点(合肥、双流、梅山、金塘)で製造しています。

Longi 隆基緑能科技

LONGiは画期的な単結晶技術による製品イノベーションと最適化された電力コスト比で太陽光発電産業を新たな高みへと導きます。LONGiは年間30GW以上の高効率ソーラーウェハーとモジュールを世界中に供給しており、これは世界市場の需要の約4分の1にあたります。LONGiは世界で最も市場価値のある太陽電池技術企業として認識されています。 LONGiは2021年水素市場に参入する事を宣言しました。

Jinko Solar 晶科能源

JinkoSolar Holding Co, Ltd. (NYSE: JKS)は、太陽光発電のグローバルイノベーターです。 中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の地域で、地上設置型、商業用および住宅用のお客様に太陽光発電製品、ソリューション、技術サービスを提供しています。 JinkoSolarは、2021年3月31日時点で、単結晶シリコンウェハー約22GW、セル約11.5GW、モジュール約31GWの垂直統合型生産能力を有しています。

燃料電池

BLDP/BE/FCELなどの企業も紹介しても良いのですが、どちらかというと水素な感じもするのでここでは違う企業を紹介します。

ADN

アドベントテクノロジーズ(ADN)社は、燃料電池と水素テクノロジーの分野でイノベーションを推進する企業です。現在のビジョンは次世代の燃料電池技術によって、電化を加速することです。電化(燃料電池)とエネルギー貯蔵(フロー電池、水素製造)の市場に適用され、OEM、システム・インテグレーターとのパートナーシップを通じて商業化を目指しています。ADNの顧客は、当社の技術を使用した商用製品をすでに展開しています。
温室効果ガスの排出抑制と汚染防止という目標を達成するためには、世界は再生可能エネルギーだけでなく、エネルギー貯蔵ソリューションや、水素のような再生可能燃料を必要としています。アドベント社の技術は、水素燃料電池、再生可能燃料、水素インフラ、生産、エネルギー貯蔵のコスト問題を解決します。
ADNは、高温作動膜と電極をベースにしたプラットフォーム技術を有しており、水素、天然ガス、メタノール、再生可能燃料/バイオ燃料からクリーンな電力を生成することができる燃料フレキシブル燃料電池を実現しています。

小型原子炉

小型原子炉

原子炉は廃棄物が出るため問題はありますが、膨大な電力を安定供給でき、かつ炭素を歯逸出しないエネルギーです。世界ではクリーンエネルギーの一つとしてカウントされています。

ニュースケール社

ニュースケール社の使命は、世界中の人々の生活の質を向上させるために、電気、熱、きれいな水を生産するためのスケーラブルな先進原子力技術を提供することです。ニュースケール社は、よりスマートで、よりクリーンで、より安全で、コスト競争力のあるエネルギー源を作り出すことで、世界を変える力を変えていきます。環境への影響が少なく、社会的責任を果たし、強力な企業統治と安全文化を備えたクリーンエネルギーへの移行を世界が支援することです。

NuScale社の小型モジュール炉(SMR)は、安全性の向上、低価格化、多様な電気およびプロセス熱用途のための柔軟性の拡大を組み込んだスケーラブルな発電所ソリューションを提供します。NuScale社のスケーラブルな設計は、カーボンフリーのエネルギーを提供し、ギガワット規模の原子力施設に伴う財政的な負担を軽減します。

テラパワー社

テラパワー社のイノベーターたちは、インスピレーションに溢れています。彼らは、安全で安価で豊富なカーボンフリーのエネルギーを提供する技術を生み出します。熱や蒸気を利用して、産業の脱炭素化を図りながら経済成長を促進する方法を考案します。また、医療用の放射性同位元素を抽出するプロセスを開発し、命を救うがん治療に役立てています。
テラパワー社のチームは、他に類を見ない技術とエンジニアリングの専門知識、原子力プロジェクトの遂行経験、そして大規模なグローバル課題に取り組むための組織作りを兼ね備えています。
テラパワー社は、ビル・ゲイツ氏と志を同じくする先見の明を持った人々によって設立されました。数十年前には想像もできなかった技術と高度なコンピューティング能力により、先進的な原子炉やその他の同位体の利用が可能になりました。テラパワー社では、世界中の人々の生活を向上させ、明日のクリーンエネルギーを構築するために、今日も原子力の革新に取り組んでいます。

水素

水素はクリーンエネルギーとして注目されています。しかし、水素の生成には大量の電気が必要なこと、エネルギー単価が高くなること、爆発の危険性がある事など、からなかなか普及していません。

BLDP

バラード・パワー・システムズ社は、主にカナダで固体高分子形燃料電池製品の設計・開発・製造・販売・サービスを行っています。同社は、燃料電池スタック、バックアップ電源システム、マテリアルハンドリング製品を提供しています。また、エンジニアリングや技術移転を含む技術ソリューションを提供するとともに、様々な固体高分子形燃料電池アプリケーションのための知的財産ポートフォリオやライセンスおよび販売も行っています。同社は、路線バス、鉄道、重要インフラ、船舶、マテリアルハンドリング、定置型電源、トラック、自動車などの市場に製品を提供しています。

BE

ブルームエナジーのミッションは、クリーンで信頼できるエネルギーを世界中の誰もが手に入れられるようにすることです。ブルームのエネルギーソリューションは、世界にポジティブな変化をもたらします。ブルームチーム、パートナー、そしてお客様が一緒になって、より良い明日のために力を尽くします。
私たちの使命を果たすために、イノベーションと環境への配慮を通じて地球をより良くするという共通の目標を持った、多様な人材が集まっています。ブルームのチームは、データに基づいて問題を解決する集団であり、困難な課題や速いペースの環境に直面しても成長することができます。

PLUG

プラグパワー社のDNAには、革新への欲求が組み込まれています。しかし、それは革新だけではありません。私たちは人を第一に考える水素・燃料電池企業であり、私たち全員の輝き、献身、決意によって未来を築くことができるのです。
プラグパワーは、水素燃料電池の包括的なターンキーソリューションを提供するリーディングカンパニーです。気候変動に対応するためのパラダイムシフトが進む中、当社の革新的な技術は、エネルギーの獲得を可能にし、企業の持続可能性の目標達成を支援します。

天然ガス

繰り返しになりますが天然ガスはクリーンエネルギーに分類されます。天然ガスは火力発電の燃料として使用できるため安定した電力の供給を行うことができます。日本でも火力発電の半分は天然ガスで稼働しており、CO2削減に貢献しています。

OVV

Ovintivのビジョンは、卓越したオペレーション、トップレベルの資産、市場のファンダメンタルズ、戦略的な資源配分で知られる、北米の資源プレーのリーディングカンパニーになることです。 私たちは、現代の生活を可能にするという目的を持った企業です。北米最大級の石油・コンデンセート、天然ガス、天然ガス液の生産会社である当社のチームは、事業を展開する地域社会だけでなく、すべての人々に対して敬意と責任をもって進歩を促し、生活を向上させるというコミットメントで結ばれています。 私たちの製品は世界に燃料を供給し、エネルギーを提供することで、より良い教育、医療、平等な機会を支えています。私たちは、安全で信頼性が高く、手頃な価格のエネルギーを提供する革新的な方法を開拓していきます。

LNG

世界中の国や地域、企業は、生産性が高く、健康で、安全であることを望んでいます。Cheniereは、クリーンで安全、かつ手頃な価格のエネルギーを世界中に提供しています。これらのエネルギーは、二酸化炭素の排出量を削減し、空気をきれいにし、家や工場に電力を供給するのに役立つものですが、これらのエネルギーはすべて、世界クラスの労働力によって運営される最新のエネルギーインフラで製造、輸送されています。
私たちが作るエネルギーは、液化天然ガス(LNG)です。2016年に操業を開始した当社は、すでに米国最大のLNG生産者であり、世界第2位のLNG事業者となっています。当社のLNGは、5大陸の数十の市場に供給されており、世界中の国々がよりクリーンな方法で経済活動を行うことを求めているため、当社の燃料に対する需要は増加することが予想されます。
テキサス州ヒューストンに本社を置き、ルイジアナ州南西部とテキサス州南部にLNG施設を有する一方で、ロンドン、シンガポール、ワシントン、北京、東京にオフィスを構えるグローバル企業です。

EQT

EQTコーポレーションは、私たちの未来に向けて進化し続ける独立系天然ガス生産者のリーディングカンパニーです。EQTは、ペンシルバニア州、ウェストバージニア州、オハイオ州で事業を展開しており、アパラチア盆地の中核に位置する世界有数の資産を責任を持って開発することに専念しています。
当社は現在、米国最大の天然ガス生産会社ですが、最大であることが必ずしも最良であることを意味しないことを知っています。EQTは、従業員、土地所有者、地域社会、業界パートナー、投資家など、すべてのステークホルダーに対して長期的な価値を創造することで、最高の生産者となることを目指して邁進しています。

筆者 バニル@インベストJ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

visa

VISA株価のリアルタイムチャートとPER/PBR【時間外】も表示

VISA株価リアルタイムチャート

VISAのPER/PBRと目標株価と今後の見通し

株価の今後の見通し

2021/7/19現在 VISAの投資評価はBuyで目標株価は$258.92です。

PERは60.01でPBRは14.49です。

VISAの決算

2021年Q1決算

EPSは$1.38でアナリストの予想を上回りました。売上高も$5.73Bで予想を上回りました。大変良い決算だったと思います。Q2の目標は$1.34/$5.84Bです。

筆者 バニル@インベストJ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

ペイパル

ペイパル株価のリアルタイムチャートとPER/PBR【時間外】も表示

ペイパル株価リアルタイムチャート

ペイパルのPER/PBRと目標株価と今後の見通し

株価の今後の見通し
2021/7/18現在 ペイパルの投資評価はBuyで目標株価は$297.15です。

PERは68.46でPBRは18.15です。

ペイパルの決算

2021年2Q決算

EPSは$1.15でアナリストの予想を上回りました。売上高は$6.24BでMissでした。悪い決算だったと思います。3Qの目標は$1.08/$6.24Bです。

2021年Q1決算

EPSは$1.22でアナリストの予想を上回りました。売上高も$6.03Bで上回りました。良い決算だったと思います。Q2の目標は$1.12/$6.27Bです。

ペイパルのニュース

米決済サービス大手ペイパルがビットコインなど暗号資産(仮想通貨)の取り扱いを始めると発表し、暗号資産ファンから喝采を浴びた。暗号資産が幅広い決済手段となるための道を開く、画期的な瞬間と受け止められたためだ。

昨年ペイパルが決済手段にビットコインを追加すると発表しました。ビットコインは投機的な動きをしているため決済手段としてはなかなか難しいという見方もあります。ペイパルはビットコインを決済手段に追加することによって新興のフィンテック企業からの追撃を振り切る事ができるでしょうか。

筆者 バニル@インベストJ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

IBM

IBM株価のリアルタイムチャートとPER/PBR【時間外】も表示

IBM株価リアルタイムチャート【時間外】

IBMのPER/PBRと目標株価と今後の見通し

株価の今後の見通し

2021/7/18現在 投資評価はHoldで目標株価は$149.00です

PERは24.66でPBRは5.81です。

IBMの決算

2021年Q2決算

EPSは$2.33でアナリストの予想を上回りました。売上高も$18.75Bで予想を上回りました。大変良い決算だったと思います。Q3の目標は$2.53/$17.79Bです。

2021年Q1決算

EPSは$1.77でアナリストの予想を上回りました。売上高も$17.73Bで上回りました。良い決算だったと思います。Q2の目標は$2.29/$18.30Bです。

筆者 バニル@インベストJ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。

catl バッテリー

CATLやBYDのコバルトフリーなLFPとは?トヨタのバッテリーに採用は?パナソニックは?

なぜLFP(リン酸鉄リチウムイオンバッテリー)?

なぜTeslaはCATLの(LFP)を採用するのか?

コバルトフリーとは何か?

トヨタのbZ4XにLFPは搭載される?

この記事ではこんな疑問を解決していきます。

本記事の内容

  • リチウムイオン電池の種類
  • CATLの優位性
  • bZ4Xのバッテリーは?

リチウムイオン電池の種類

NCA系 

ニッケル、コバルト、アルミニウムを正極に利用した電池で、もっともエネルギー密度が高く性能が良いが価格も高い電池

三元系

ニッケル、マンガン、コバルトを正極に利用した電池でNCA系を改良して作られた。NCA系より安価だが性能も悪くない電池。

LFP(リン酸鉄系)

リン酸を正極に利用した電池。価格は最も安いが性能が最も悪かった。しかし、技術革新がおこりそん色ない性能が出るようになった。コバルトを使用していないため最も安価。LFPは低温に弱いと言われています。

コバルトフリーとは?

コバルトフリーとはコバルトを使用しないリチウムイオン電池の事です。
3種類のリチウムイオン電池の中でコバルトを使用していないのはLFPだけです。2021年現在コバルトフリーなバッテリーとはLFPの事を指しています。将来新しい技術や全個体電池が開発されるまではLFPが世界のリチウム電池の主流となるでしょう。

Tesla to roll out China-made Model 3 cars with cobalt-free LFP batteries: sources

Teslaのイーロンマスク氏がバッテリーに使用されるコバルトは希少金属かつ出火の危険性があるためTeslaのModel3ではコバルトを使用しないバッテリーを使用すると宣言ました。性能面を満たせてコバルトフリーな電池はリン酸鉄リチウムイオン電池しか選択肢がないため、現状ではリン酸鉄系が主流となっている。

CATLやBYDのコバルトフリーなLFP

CATLのコバルトフリーなLFPがパナソニックからTeslaを奪いました。

CATLのLFP は航続距離はパナソニックのNCA系と遜色ない性能を持ち、価格はNCA系の6割という優れたバッテリーでした。

Teslaとしてもバッテリーの価格には頭を悩ませていたのでModel3に搭載したところ、Model3は爆発的に売れてTeslaを代表する車種へとなりました

2021年ModelYにもLFPを搭載を発表したところTeslaのサイトがアクセス増加に耐えられずダウンする騒ぎまで起きました。その後TeslaはLFPの採用を順次拡大していくと発表しました。他の自動車メーカーも追随する動きを見せておりLFPが今後の主流となる事はほぼ間違いない状況となりました。

日本の自動車勢もLFPの技術をもつCATLやBYDと提携しだしました。CATLが2021年7月に発表したナトリウムイオン電池が市場に出るまではLFPが主流となっていくでしょう。LFPはコストパフォーマンスに優れたバッテリーです。

トヨタのbZ4XシリーズのバッテリーはCATLまはBYDのLFP?

bZ4Xのバッテリーは管理人はBYDのLFPだと予想します。

何故なら、TOYOTAがbZ4Xを発表した時の提携会社がスズキ、ダイハツ、BYDだったからです。BYD は中国の自動車製造会社でLFPの技術も持っています。スズキ、ダイハツはEVを開発した事がなくバッテリーを製造することもできません。日本で大量にバッテリーを製造できる企業と言えばパナソニックですが、NCA系ではコストが見合いません。

もう一度予想を上げると、2022年に発表されるbZ4Xシリーズのバッテリーも恐らくBYDのLFPでしょう。

CATLやBYDのLFPと半個体電池、全個体電池

全個体電池や半個体電池が開発されてもすぐにCATLやBYDのLFPが使われなくなる事はないと予想します。

全個体電池とは液体を使わない電池の事です。そのため安全性が格段に上がりエネルギー密度も高いため航続距離が伸びます。

全個体電池は良いことばかりで開発されたらすぐにLFPと新陳代謝が起きるんじゃないの?という疑問が出てきますが、製造コストが違うためしばらくLFPは残ると予想します。

NIO DayでCEOが2023年に全個体電池を搭載し航続距離1000kmを実現すると発言しました。また、メルセデスベンツも来年航続距離1000kmの全個体電池を搭載すると発表しています。

自動車会社からの発表なので信憑性が薄いですが恐らく2023年を目途に全個体電池が出てくるのでしょう。それまではLFPが優位な状況が続くと思います。

2021年7月CATLがナトリウムイオン電池を発表し市場投入を2023年としました。ナトリウムイオン電池はLFPの欠点を補い、かつ安価な電池なため今後ナトリウムイオン電池が主流となる可能性が高いです。

まとめ

Teslaのコバルトフリー宣言から時代は動き出し中国では2021年三元系のシェアをリン酸鉄系が抜きました。現時点で性能、価格、コバルトフリーを満たせているのはリン酸鉄リチウムイオンバッテリーのみです。全個体電池が世にでてくるまではリン酸鉄系が主流になるでしょう。

筆者 バニル@インベストJ

大学時代から株取引に興味をもち日本の株を中心に取引を始める。就職後、米国株に興味を持ち出しGAFAを中心に投資しだす。その後中国株にも興味を持ちATMXを中心に香港株の研究を始める。ポートフォリオを米国株50%中国株50%に割り当てコロナショックでは5バーガーを経験する。投資の経験をもとに米国株、中国株の記事を執筆する。