莫大な損失と借金? 優先株に引きずられた香港のニューエコノミー企業の業績をどう読むか

2018年から香港取引所が打ち出した新たな改革が実を結び、特に不採算のバイオテック企業やニューエコノミー企業に門戸を開き、2020年には再び香港取引所を世界最大のIPO資金調達センターにすることができました。 また、SEHKは、香港市場の競争力を高め、市場の動向に合わせてニューエコノミーを支援するために、同一株別権利(WVR)構造の導入など、上場基準の改革を続けてきました。 2018年は、XiaomiがWVR構造で香港にIPOした最初の企業となり、MeituanとCryptoが続き、Alibaba、Jingdong、BilibiliがWVR構造で香港にセカンダリー上場を果たしました。 最近では、中国最大のデジタルヘルスケアサービスプラットフォームであるWeMedも、ヘルスケア業界の企業としては初めてWVR構造で香港のIPOを申請しました。 昨年、ハンセン・インデックス・カンパニーは、ハンセン・インデックスとハンセン・チャイナ・エンタープライズ・インデックスの銘柄選択カテゴリーに同一株格差企業とセカンダリーリストを含め、香港株を変化させました。

  WVRに加えて、いくつかのニューエコノミーの上場企業が「優先株」という財務処理の概念を普及させ続けています。 例えば先月、新規上場したCryptoが発表した2020年の年次報告書では、1,166億円の純損失を計上しました。 一見センセーショナルな損失額の裏には、実は通常の事業営業損失の概念ではなく、優先株式の公正価値変動の財務処理による帳簿上の損失があります。

  プライマリー市場では、特にIPO前のアーリーステージの資金調達において、優先株式による資金調達は非常に一般的です。 新興企業への投資はリスクが高いため、投資家は通常、優先株式による投資に有利な条件を設定しています。 財務上の処理としては、優先株式は「負債」とみなされ、貸借対照表に影響を与える。株主が退場しないため、会社の急成長の過程で優先株式の公正価値が上昇し、この部分が株主にとって帳簿上「浮いた」状態になる。 IPO前に株主への負債として計上されていますが、これは会社に実際の損失が発生するわけではなく、会社の価値が高まっていることを証明するプロセスです。

コメント

香港ではWVR(種類株式)や優先株などの種類株式が流行っているようですね。記憶にあるところだとGoogleも上場時にクラスB株式を創業者が持っており話題になりました。GoogleのクラスB株式は10議決権を持っており会社の議決権は

  • ラリー・ペイジ
  • セルゲイ・ブリン
  • エリック・シュミット

上記3人によって支配されている。ATMXのシャオペンやメイトゥアンなどもWVR方式をとっており、議決権は創業者が握っている。日本では種類株式はあまりメジャーではなく大手企業で採用されている話はあまり聞かない。日本は種類株式ではなく日銀や経済同好会などで株を持ち合い議決権を守ってきているのでアメリカや中国とは少し事情が違うようだ。外から出資を受ける際に種類株式で議決権を確保していれば会社を乗っ取られる可能性が減るため日本の株の持ち合いより安全な方式だと思われる。一方WVR方式だと議決権が少なくなってしまうので株価への影響があるのかどうかが興味のでるところだ。Googleをみるかぎりは株価への影響はないと思えるため、念のためWVRかどうか確認する程度でも良さそうだ。香港株の今後は右肩上がりと思われるため今後の株価を注視したい。

出典

https://stock.hugangcaijing.com/

香港の株式売買高は1,400億香港ドル以上に回復し、1週間で270ポイントを積み上げました。

4月16日、中国が発表した2021年第1四半期のGDPは前年同期比18.3%増となり、昼過ぎには香港株が強含みに転じました。 売上高も、香港ストック・コネクトによる香港株への純流入が50億香港ドルとなり、1,400億香港ドル以上に回復しました。 ハンセン指数は週間で270.91ポイント(0.9%)上昇しました。

今日の上昇は主にニューエコノミー銘柄のATMXが牽引し、4銘柄で112ポイント(64%)のHSIに貢献しています。 自動車株は安値から大きく反発した。 また、教育関連の銘柄も注目され、China Education Holdings (00839-HK)が9.2%上昇しました。 しかし、保険株は市場に対して下落しました。

香港の株式は全般的に上昇しました。 ハンセン指数は176.57ポイント(0.61%)上昇し、28,969.71で終了しましたが、29,000ポイントの大台に安定して乗ることはできませんでした。 ハンセン中国企業指数は121.62ポイント(1.12%)上昇し、11,027.51ポイントで終了しました。 ハンセン・テクノロジー・インデックスは89.21ポイント(1.1%)上昇し、8232.13ポイントで終了しました。 売上高は143,438百万香港ドルとなりました。 ハンセン指数は34.03ポイント(0.12%)の小幅な上昇にとどまり、市場前に始まりました。 286.04ポイント上昇しました。 その後、市場は高いレベルの上昇を維持し、最終的に176ポイント上昇して終了しました。

4月のHSI先物は、16:06に206ポイント上昇して28986となり、107,000枚以上の取引が行われ、96,000枚の取引が成立しました。 4月のHSI先物は、127ポイント上昇して11020となり、70,000枚近くの取引が行われ、145,000枚以上の取引が成立しました。

今日の上昇は主にニューエコノミー銘柄のATMXが牽引しました。 テンセント(00700-HK)は1.9%(12香港ドル)上昇し、632香港ドルで終了しました。 テンセントは、一般企業目的のために41.5億米ドルのノートを発行する予定であることを発表しました。 テンセントは、Tencent Video、WeTV、App Storeを統合するオンラインビデオビジネスユニット(OVBU)を設立したと報じられています。 アナリストたちは、テンセントが長編・短編動画の提携を調整し、台頭する短編動画市場でシェアを獲得すると予想しています。

Alibaba-SW(09988-HK)は0.8%(1.8香港ドル)上昇し、235.6香港ドルで終了しました。 アリババは、同社が運営する「淘宝Tmall」において、ここ数カ月の間に加盟店を支援するために、出店プロセスの簡略化や7カ月間の試験運用期間による加盟店のサービス能力の検証など、一連の「ドロップ・フリー・サポート」施策を開始したことを発表しました。

Meituan-W(03690-HK)は1.9%(5.4香港ドル)上昇し、290.2香港ドルで終了しました。 Xiaomi-W(01810-HK)も2%近く、0.5香港ドル上昇し、26.05香港ドルで終了しました。 XiaomiのLei Jun会長は、グループ初の折りたたみ式スクリーンフォン「MIX FOLD」が今朝10時にすべてのチャネルで販売開始され、1分間で4億元を超える売り上げを記録したことを発表しました。

まとめ

ATMX(アリババ、テンセント、メイトゥアン、シャオミ)の上昇が香港指数の上昇に寄与したようですね。ATMXはアメリカのGAFAMのような存在で中国経済の象徴とも言えますね。最近中国では当局によるATMXへの締め付けが懸念されており今後の成長への懸念がありましたが株価を見る限り投資家はまだATMXの成長を信じているようです。アリババ、テンセントと言えばバイドゥと共に自動運転を研究していることを思い出します。さきほどバイドゥが自動運転のタクシーをリリースしており、技術の高さを世界に示しています。アリババも出資したAutoXが自動運転のタクシーを運用しており、中国の自動運転の技術は世界でもトップクラスであることが証明されています。ATMXはまだGAFAMには追いついていませんが、今後の展開ではGAFAMの一角を崩すことは十分あり得る事だと思います。特にAmazonは米国、EUでは強いですがその他の国ではまだ存在感を示せてないのでアリババに足元をすくわれる可能性もあります。GAFAMは確かに巨大ですが、ATMXも技術で劣っていないことを示しており、今後の株価がGAFAMにどこまで近づけるのかが関心の的となっている。ATMXの今後に注視したい。

出典

https://stock.hugangcaijing.com/

A株の乖離 上海指数は1%近くの上昇で僅差で推移 個別銘柄は待望の上昇 短期市場は上昇の見込み

上海と深圳の主要3指数は高値で始まった後、下方向に揺れ動き、3つの株価指数は一旦グリーンになり、GEM指数は一旦日中1.5%以上下落した後、上海指数が率先して安定して反発し、デジタル通貨と酒のセクターが先導し、石炭のセクターなどが活発で、SMICのセクターは相対的に弱い。 一般的に、上海と深圳の上昇と下降、指数の大きさの違いはありますが、2つの都市で3400株近くが上昇し、800株だけが下降し、個々の銘柄の9%以上が90以上で上昇し、市場の短期的な気分のパフォーマンスが活発になりました。

上海指数は0.8%上昇の3,426.62ポイント、売買高は2,960億元、深圳指数は0.3%上昇の1,372.74ポイント、売買高は3,962億元、GEM指数は1.5%下落の2,783.37ポイント、売買高は1,290億元となり、最終的に0.26%下落して取引を終了しました。 なお、この週は24.06ポイント(0.7%)の下落となりました。 両市場の出来高は前々日に比べて若干回復しましたが、一日の売買高はまだ7,000億ドルには達しませんでした。 この日、北上した資本は、上海証券取引所から33億1,400万ドル、深圳証券取引所から38億3,900万ドルなど、一方的に正味71億5,300万ドルの買い越しを行い、一週間の累積正味買い越し額は250億ドル近くに達しました。

統計局は2021年第1四半期の国民経済の実績を発表しました。データによると、2020年第4四半期と比較して、比較可能な価格での第1四半期のGDP2491億元は、前年同期比18.3%の成長、0.6%の増加、2019年第1四半期と比較して、10.3%の増加、5.0%の2年間の平均成長率となります。 経済データによると、消費に強い成長の勢いがあり、その他の分野では、新エネルギー自動車、産業用ロボット、掘削・土木機械、マイクロコンピュータ機器、集積回路などがいずれも前年比60%以上の伸びを示しています。GDPのニュースが出た後、A株はいったん急落して緑色になったものの、タイムシフトの洗礼を受けてもA株市場の回復意欲には影響がなく、すぐに勢いを取り戻して市場を盛り上げました。

また、世界最大の中国株ファンドであるUBS(ルクセンブルグ)中国セレクト・エクイティ・ファンド(USD)は、3月に貴州Maotaiへの出資比率を15%近く高め、3月31日時点で同ファンドの3番目に大きなロングポジションとなっています。 当ファンドは、Tencentのポジションを追加し、Ping An of China、Ali、NetEaseなどのロングポジションも保有しています。

まとめ

UBSも中国の比率を高めていてますます中国株が世界から注目されます。中国のGDPの伸びは今後も7%前後で伸びていく事が想定されており、株式市場も好調であることが想定できます。いままでは米国にさえ投資すれば基本的に右肩上がりであがっていくと思われていましたが、今後は中国も同じように株価は右肩上がりで上がっていくと思われます。もちろんすべての銘柄ではないため厳選していかなくてはいけませんが、H株のなかにも良い銘柄はたくさんあるでしょう。例えばBAT(バイドウ、アリババ、テンセント)などはこれからも盤石でしょう。また家電メーカーのハイアールなども伸びていく事でしょう。中国では教育が盛んです。オンライン教育関係も良いかもしれません。GAFAMの次はアメリカからではなく中国から巨大IT産業が出てくるかもしれません。中国とEUで貿易協定が合意されています。EU圏(5億人)に中国から車をはじめ様々なものが輸出されます。NIO/Xpev/LiなどのEVメーカーがEU圏を席巻する可能性もあるでしょう。中国株の今後は明るい未来しか見えず、今後右肩上がりをすることが想定されます。今後の中国株の動向に注目したい。

出典

https://stock.hugangcaijing.com/

ロビンフッド、マサチューセッツ州の受託者ルールを提訴

マサチューセッツ州では、12月にオンライン証券会社の登録取り消しを求める訴状を修正しました。

オンライン証券会社のRobinhoodは木曜日、マサチューセッツ州の裁判所に訴訟を起こし、州のフィデューシャリー・ルールを覆し、その措置の最初のテストとなる子会社の1社に対する訴訟を終結させました。

その日のうちに、マサチューセッツ州のウィリアム・ガルビン長官は、Robinhoodに対する最初の行政告発を修正し、同社の顧客へのマーケティングに関する疑惑をさらに追加しました。ガルビンはまた、同州におけるRobinhoodのブローカー登録を取り消すことを求めている。

木曜日に発表された修正された訴状によると、過去4カ月間に、Robinhoodは「経験の浅い顧客を誘惑し、危険な取引に誘導し続ける文化」を示したという。訴状に詳述されている行為に加えて、訴状提出以降の[Robinhood]の行為は、マサチューセッツ州の投資家に実質的かつ継続的なリスクをもたらしています」。

Robinhoodは、マサチューセッツ州が何百万人もの新しい投資家のための人気のある市場ポータルを遮断しようとしていると反論し、その行為を「エリート主義であり、我々が支持するすべてのものに反している」と呼びました。

訴状でRobinhoodは、マサチューセッツ州の受託者規則はマサチューセッツ州法と連邦法の両方で無効であると主張しました。同社は、同州ではブローカーは受託者ではないとしている。

また、Robinhoodは、マサチューセッツ州の受託者規則は、ブローカーの助言基準である証券取引委員会のRegulation Best Interestに先んじられていると主張した。

Galvin氏はRobinhood社の訴えを一蹴した。

Reg BIでは、ブローカーは自分の利益を顧客の利益よりも優先してはならないとされています。しかし、投資アドバイザーに適用される受託者基準をブローカーに課すものではありません。

 

出典

https://blog.robinhood.com/news/2021/4/15/statement-on-massachusetts-securities-division-complaint

まとめ

アメリカでは州ごとに法律があるためこのような事が起こりえるのですね。Robinhoodと言えばGMEの件で一躍話題になりました。GameStop/AMC/Nokia/Blackberryなどの取引をRobinhoodが事前通告なく買い注文に対して制限をかけました。ボラティリティがありすぎるため取引をポジションクローズのみに制限するとユーザーに一方的に通告しました。GameStopやAMCはRedditやWallStreetBeatで話題になり株価が急騰していました。しかし、Robinhooodの制限以降株価は一気に下落し多くのRobinhooterが大損をしました。当時、InteractiveBrokerでもGameStop/AMCの購入制限があったことは記憶に新しいです。WallStreetBeatで急騰した銘柄ではヘッジファンドが複数ショートをしかけており、かなりの手痛い損を出していました。そのためRobinhooodの行動はヘッジファンドからの依頼で購入制限をかけたのではないかと一部で噂されました。最終てきにはRobinhoodが信用預託金不足で仕方なく購入制限したことがわかりましたが、Robinhoodは一部のユーザーからの信頼を失いました。日本からはRobinhoodの口座は開設できないが、今後の動向を注視したい。

ビットコインETFの登場を待つ

Osprey Fundsは、投資家のためのデジタルアセットソリューションを構築しています。Osprey Bitcoin Trust(OBTC)はその主力商品で、投資家は低コストで上場しているビットコインファンドにアクセスできます。また、フィデリティをカストディアンとするアドバイザーフレンドリーなファンドでもあります。このファンドは現在、米国のすべての投資家が伝統的な証券会社やIRA口座を通じてアクセスできます。米国でのビットコインETFの将来性について考察してみようと思います。

ビットコインの人気が高まり、人々がその投資の可能性を理解するにつれ、ビットコインの直接所有だけでなく、多くの場合、証券口座やIRAなど、基本的に退職後の生活のために貯蓄されている投資家の資本の領域を通じて、ビットコインにアクセスしたいと考えています。このように、ビットコインにアクセスするための未開拓の巨大な潜在市場があると考えています。それが信託を立ち上げた理由です。おっしゃるとおり、ETFはまだ登場していません。多くの人がいつ実現するかを議論しています。

約3年前、米国証券取引委員会(SEC)が業界に向けて公開書簡を出し、ビットコイン関連商品の承認には多くの懸念があると指摘しました。しかし、その懸念は市場によって解消されました。

ビットコインETFに関連して、さまざまな面で暗号空間に進展が見られるのは間違いありません。2022年にETFができても驚きではありません。

コメント

ビットコインは投機商品として人気だが各取引所ごとに値段が違う、どこに保管されているのかわからない、マイニングで利益を出している人がいる、そもそもどこに存在しいてるの?など不安点があります。それを大手ファンドがETFにしてリスクをヘッジしてくれるなら投資の対象として価値がでてくると思われます。イーサリアムのETFも最近では提案されており、まさに暗号資産元年といっても差し支えない状況になっていると思われます。ビットコインはTeslaが購入したことによりアメリカの企業の間で大きな信頼を得て様々な企業がビットコインを購入しだしました。日本で購入した場合、税制の関係上雑所得となるため累進課税となっています。ETFなら税金は20%ですむため日本人にとっては非常にありがたい存在となる可能性があります。日本ではビットコインのレバレッジは2倍となっています。海外の取引所を利用すればレバレッジ100倍のところもあるが、一般人には敷居が高いと思われます。ビットコインETFで3x bullがでてくればレバレッジでも上回ることができるようになります。今後も暗号資産のETFが提案されてくると思うので動向を注視したい。

出典

https://www.coindesk.com/nyse-files-to-list-shares-of-valkyries-bitcoin-etf

https://ospreyfunds.io

新冠ワクチンの国内接種数が数百万回を突破、シノファーム・ホールディングスが約7%上昇して過去最高値を更新!

シノファーム・ホールディングス(01099.HK)の売上高は6.27%増の7億5600万香港ドル、前年比16.91%増となりました。

シノファーム中国の公式マイクロブログによると、4月12日時点で、条件付きで掲載されている2種類の新冠不活化ワクチンを合計100,176,345回、国内で投与し、ワクチンに関連する重篤な副反応は見られなかったとのことです。 国内での接種数が最も多く、安全性が最も高く、世界的にも普及している新しいクラウンワクチンです。

15日、国家機関薬共同調達弁公室(以下、共同調達弁公室)は、中央政府直轄のすべての省、自治区、市、および新疆生産建設兵団医療保障局に通知を出し、集中調達のための国家機関薬の品種範囲の第5バッチに関する調達データの報告を各所に求めました。 NPSBは2018年後半から、量を伴う国薬調達(業界では「国薬調達」や「プーリング」とも呼ばれる)の実施を主導し始め、2019年9月の「プーリング拡大」を含め、これまでに計4回のラウンドと5回のプーリングを完了している。

WHOは7日になって、シノファーム製ワクチンの「安全性、有効性、品質」を確認したと発表した。

WHOはシノファーム製が緊急使用が可能なワクチンに追加されたことで、「医療従事者や危険にさらされている人を保護しようとしている国にとって、新型ウイルス感染症Covid-19ワクチンへのアクセスが急速に促進される可能性がある」とした。

シノファーム製ワクチンは18歳以上を対象に、2回接種するようWHOは推奨している。

中国の科興控股生物技術(シノヴァク・バイオテック)が開発した別のワクチンについても、数日中に緊急使用の可否が決まる見込み。また、ロシア製ワクチンについては現在、評価作業が進められている。

まとめ

シノファームのワクチンの接種回数数百万回は安全性については問題がないようですね。コロナワクチンに関してもWHOからお墨付きがでたのでこれから途上国で接種が進むかもしれません。コロナワクチンと言えばファイザー・ビオンテック、モデルナのmRNAが有名ですがシノファームのワクチンは有効度はどの位なのでしょうか。mRNAが95%ぐらいの有効度を誇っていますが、一般的にいってワクチンは50%あれば有効とされています。また、ワクチンを打つことによって罹患した時の症状の軽減が見込まれるためシノファームワクチンにも一定の効果があると思われます。ブラジルなどが治験をした際には50%の効果があると見込まれました。ブラジルではその後ファイザーやモデルやJ&Jのワクチンが手に入るようになり、中国製のワクチンは使用されてはいないようですが、アフリカなどの発展途上国ではまだ可能性はあるかもしれません。中国ワクチンの今後の動向に注視したい。

出典

https://stock.hugangcaijing.com/hq/HK/01099.html

https://cdn.who.int/media/docs/default-source/immunization/sage/2021/april/2_sage29apr2021_critical-evidence_sinopharm.pdf

ウェルズ・ファーゴのアドバイザーの人数は前年比8%減

この減少は、国際的なウェルスマネジメント事業の終了に伴い、今後6ヶ月間続くものと思われます。窮地に立たされた銀行は、アドバイザーの人数を集計する方法を最近見直し、今年から約800〜900人のプライベートバンカーとポートフォリオマネジャーを含めるようになりました。

同行は水曜日の朝、3月末のアドバイザー数が前四半期比で236名(全体の2%)、前年同期比で1,087名(8%)減少したことを報告しました。

ウェルズ・ファーゴは最近、アドバイザー数の集計方法を見直し、今年から「プライベート・ウェルス」部門で働いていた約800~900人のプライベート・バンカーとポートフォリオ・マネジャーを含めるようになりました。この部門には、ウェルズ・ファーゴ・アドバイザーズに統合されるプライベート・バンクとアボット・ダウニングが含まれます。

アドバイザーの退職は、ウェルズ・ファーゴ・アドバイザーズが国際的なウェルスマネジメント業務を閉鎖し、アドバイザーが海外の顧客のために資金を管理することを停止することを含めて、今後6カ月の間に同社のアドバイザーの人数を侵食し続けることになるでしょう。ウェルズ・ファーゴ社は、同社を去る国際アドバイザーの具体的な数を公表していません。

しかし、海外の顧客は富裕層であることが多く、そのため儲かる可能性があり、ワイヤーハウスのファイナンシャルアドバイザーにとっては年間数千ドルの収益に貢献しているが、彼らは会社のために生み出す収益1ドルにつきおよそ40セントを得ている。

まとめ

ウェルズ・ファーゴと言えばJPM/BAC/Cと並ぶアメリカの大銀行です。JPM/BAC/Cともにコロナ禍の中株価をあげていますがWFCだけは株価はまだコロナ禍前を越えていません。不祥事がウェルズ・ファーゴで発覚したのは2016年でした。2011年から従業員による架空口座の作成やクレジットカードの作成が5年間にわたって行われていました。結局被害者に500万ドルの支払い、CEOの辞任、CFPBに1億8000万ドルの罰金が支払われました。この時に5000人を解雇しており、今回の解雇はこの時いらいの大きな物となります。かつては世界一の銀行で大きすぎてつぶせないとまで言われていたウェルズ・ファーゴですが最近ではすっかりJPM/BAC/Cの後塵を拝する事となってしまっています。利用しているシステムも古いから刷新した方が良いと言われており、不祥事の罰金で3300億支払ったばかりのところに更に資金が必要となっている模様です。しかし、ウェルズ・ファーゴの株価は最近では力強く戻りだしており、今後の株価に注目したい。

出典

https://www.wellsfargoadvisors.com/why-wells-fargo/about.htm

Shunfengの株が暴落、デジタル技術が新たな出口となるか?

順豊ホールディングスは8日夜、同社の2021年第1四半期の純利益が9億~11億元の赤字(前年同期は9億元の黒字)になると発表した。 業績の急落は、中小株主にとっても予想外のことで、市場が開いた4月9日には、Shung Fungが下落し、「#Shung Fung loss」という話題がそのままWeiboのホット検索リストに入っていました。

その日の午後、市場が閉まる前に、順風ホールディングスの会長兼総経理の王維が緊急に株主総会を招集して謝罪し、「第1四半期の営業がうまくいかなかったのは私の責任であり、経営には怠慢があった」と述べたという。 また、Shungfengの秘書は、Shung fengの第2、第3、第4四半期の業績は持ち直すが、2021年の全体的な業績は2020年に比べて低下すると述べた。

それでも順風の下落は止まらず、4月12日の順風は下落を続け、4月13日の順風ホールディングスの終値は1.67%減の64.8元、時価は2953億元となった。

Shunfengのビジネスに何が起こって、このような業績の悪化を招いたのでしょうか?

Shunfengのハイエンド・ロジスティクスはボトルネックになっている。
株主総会での発表によると、順風の第1四半期の巨額の損失は、主に運用面と戦略面の2つのレベルに起因する。

業務レベルでは、春節の期間中、SF社は「春節閉店なし」を打ち出し、第1四半期に第1、第2ラインのスタッフに過去最高額の補助金を支給し、さらに全スタッフに3億元の補助金を支給しました。

加えて、戦略的な調整がこの巨額の損失のより重要な理由である。 Shunfengは現在、単一の「物流会社」からテクノロジーを駆使した「物流技術グループ」への変革とアップグレードを進めており、営業ネットワーク構築の初期段階では、リソースの重複があり、大きな損失が発生していました。

Shunfengがこの時期にリスクを取って変革するのは、物流業界が高度に集中して競争が激化しており、Shunfengのハイエンド物流の競争力が弱くなっているからだ。

しかし、SFの財務報告書によると、その収益性は低下している。2020年のSFは70億元の純利益を達成したが、チケット1枚当たりの収益は前年比12%減の17.26元で、2021年の第1四半期には15元にとどまったという。 チケット1枚あたりの売上が減少したことで、SFの売上総利益率も低下しました。 昨年の第3四半期のSFの売上総利益率は17%でしたが、第4四半期は12%にとどまりました。

チケット価格、売上総利益率ともに低下しているのは、市場シェアの低下によるものです。

近年、物流業界は、それぞれが独立して競争し、生き残っていくというパターンになっています。 Three Links and One TouchはAliに支えられており、TaobaoとTmallの小包をコンスタントに扱って安定したキャッシュフローを得ている。JingdongはJingdong e-commerceに支えられており、多くの小包を扱っている。エクスプレスデリバリーの新勢力であるJIHUはPEDOに依存しており、非常に速いスピードで成長している。ShunfengはTO Bビジネスでハイエンド市場をリードしている。

しかし、ハイエンドのビジネスの成長がボトルネックになっており、SF社は新たな成長ポイントを開拓するために、Eコマースと協力してトランスフォームすることを計画しています。 最近、Poundlandで9.9元の送料を購入したお客様の中には、商品がSFで発送されていることがわかりましたが、その背景には2019年にSFとPoundlandが戦略的協力関係を結んだことがあります。 ローエンドの商品をハイエンドの宅配便で送れば、パウンドランドの評判は良くなりますが、SFのハイエンドの評判は下がってしまいます。

一方でハイエンドビジネスはボトルネックになっており、他方ではビジネスが業界に浸食されているため、Shunfengは新たな成長ポイントを探さなければならない。

ワン・ウェイによると、S.F.は独立したサードパーティの業界ソリューションを提供するデータテクノロジーサービス企業になることを目指しており、物流は単なる手段に過ぎないという。 簡単に理解すると、S.F.は人気のあるモノの産業の中で、モノのインターネットになりたいと思っているはずです。

Shunfeng Holdingsの副総経理であるChen Fei氏は、Shunfengは今後もビッグデータ、ブロックチェーン、AIoTなどへの投資を増やし、物流の効率化とインテリジェンス化を進めていくと述べています。

この戦略は、SFの株価が急落したときに、複数の証券会社から「買い」の評価を受けた。 中でも中国銀行証券は、デジタルサプライチェーンを構築し、春節期間中も通常のオペレーションを維持するため、S.F.のコストは確かに圧迫されているが、2021年末に鄂州空港が正式に稼働することで、S.F.のコスト圧迫は改善されるだろうと述べています。 そのため、買いの評価となっています。

証券会社は「買い」の評価をしていますが、それはSFの基礎的な業績が向上することを示しているだけで、戦略的計画におけるデジタル・テクノロジー事業についてはあまりコメントしていないことがわかります。 SF社の回答によると、デジタルテクノロジー事業の成果が出るのは3~5年後とのこと。

まとめ

中国で物流に変化が起きているようです。e-commerceと組んでいる物流が隆盛を誇り、TO Bで頑張っていたShunfengが一人負けをし始めたようです。日本でもAmazonが流行りだしたときにクロネコヤマトがAmazonから撤退したことがありました。しかしその後Amazonが自社配送をはじめクロネコヤマトもAmazonの宅配を行っており、何事もなかったかのように連携が行われています。中国では日本と違いe-commerceの配達は独占的にどこかの会社が配送しているようなのでShunfengは苦しい立場となっているようです。日本のAmazonのようにAlibabaやJDが配送を複数の会社に開放してくれれば状況を打開できそうですが、今のところそのような動きは見られません。逆転がありうるとするとメルカリやヤフオクのようなアプリが中国ででてきて席巻したときにShunfengがその配送を独占できた時でしょうか?またはShunfengがどこかのe-commerceサイトを買収すれば状況を打開できるかもしれません。このままでいくとじり貧となってしまうので何か起死回生の案を出してくるか、Shunfengの今後に注目したい。

出典

https://www.sf-international.com/zh

世界を変える会社、または世界が変えることのできない会社

危機の最大の受益者は過去100年間と同様、株式市場である
世界中で何千万人もの人が亡くなった1918年、ダウ・ジョーンズ指数は4倍になりました。アメリカでQEが実施されたとき、フェイスブック、アマゾン、グーグル、アップル、マイクロソフトといった企業を買えば、アメリカのテクノロジー企業上位50社の平均リターンは、この12年か13年で20倍になりましたが、この6社は確実に20倍以上になりました。

世界中の株式市場は危機の最大の恩恵を受けており、それは100年以上も続いています。1929年以降、大きな経済危機はありませんでしたが、それはすべての政府が危機の際にはお金を印刷し、市場に流動性を注入することを学んだからです。

トランプが就任した時には流行に対応して2兆ドルを刷ったが、バイデンが就任してさらに1.9兆ドルを刷った。 米ドルは今でも世界最強の通貨であり、その影響力は1年だけではなく、10年、20年、30年と続くでしょう。

多くの人が心配している短期的な収縮については、これは不穏な要素であり、過去100年間、収縮はしばしば起こってきたが、人間の基本的な方向性は、富の増大と通貨の切り下げである。 この危機は、株式市場の長期的な未来につながる可能性が高く、不可逆的なものです。

外国人投資家は依然として中国に強気

A株市場はなぜこれほどまでに浮き沈みが激しいのか。 なぜなら、資本市場の需要と供給の関係が過去30年間不均衡であり、少しでも優れたビジネスモデルの評価は非常に高く、一方で多くの非常に優れた企業が中国では上場できず、結果的に資本市場の構造に欠陥が生じているからである。 基本的な制度である登録制度の変更を目の当たりにしています。

投資は正しい方向に行わなければならない


1929年以降、米ドルの下落率が加速しているので、長期的な視点で投資を考えることが大切です。 投資家の未来という本の中で、投資を10年、15年以上保有すると、株式のリスクは債券よりもさらに低くなるという統計があります。 香港でもアメリカでも、私たちの経験では、本当に良い会社は100社もないと思います。

流行が最もひどかった昨年は、1年後には逆に買いと売りの差が非常に大きくなっていた。 投資は歴史的な節目の組み合わせであり、その節目で何を考えるかが非常に重要です。

アメリカの詩人の言葉を引用して、「森には二つの道があって、こっちがいい、こっちがいい」と言っています。 投資の道は一つしか選べず、選んだ結果は最初はあまり変わらないが、長い時間が経つとその差は非常に大きくなる。ちょうど、最高の鉄鋼会社を買うのと、酒やインターネットなどの軽資産で高収益のビジネスモデルを買うのとでは、リターンが天と地ほど違う。

有利な産業

米国では、医薬品業界は収益性、時価総額ともにインターネットに次ぐ規模であり、数兆ドル規模の企業が12〜14社ありますが、中国にはありません。 あると思いますが、この業界も長丁場です。

水のリーディングカンパニーが香港で上場した際には、中国一の水源である万鹿湖や銭塘湖の水源をある意味独占しているこの会社に注目しました。 この会社は香港に上場した後、PERが70倍以上になり、かつては100倍以上でしたが、最近は70倍以上に調整されています。

また、食品加工業界は最も強気な銘柄であり、香港に上場している企業のように、評価額が非常に高くなっていますが、パフォーマンスも非常に優れています。

家電業界も競争力のある独占産業で、広東省のいくつかの大手企業が好調で、香港に上場している企業も含まれています。制裁で株価は下落しましたが、大きな危機があるときには、企業の長期的な競争力を変えることができなければ、それはしばしばチャンスです。

会社の長期的な競争力は、しばしばチャンスとなります。 メラミン危機の際に乳製品業界のリーディングカンパニーを買ったり、酒類危機の際に酒類業界のリーディングカンパニーを買ったり、インターネットの反独占の企業を買ったりすると、長期的には勝ち組になります。 大きな危機は、市場の状況判断だけでなく、業界においても大きなチャンスとなります。

さらに、新しいサイクル、コンピュータ、半導体、医療機器、蒸留酒などの好調さにも注目しています。

シアトルで感じたのは、アメリカは総合的な意味で強いが、実は中国の強さも同じで、今の中国の隆盛は総合的な意味での隆盛でなければならないということだ。 現在の中国の台頭は、普遍的な台頭でなければならない。 主力の酒類に需要がないのは、中国が42年間の改革開放を行ってきた結果であり、中国の人々は豊かになり、一部の人は良くなり、一部の人は少し良くなったが、全般的には良くなった。

いい会社を見つけるには?


100年前のフォーチュン500の生存率は今では3%しかなく、この3%の企業を見つけて長期投資するためにできるのが投資です。

第一の関心事は、業界の空間である。 天井のない会社を選ぶのが一番である。第二に、これらの会社のビジネスモデルは、シンプルで信頼性が高く、明確で分かりやすい。誰からも好意的に見られて初めて、その会社は本当の意味で素晴らしい会社になる。

新時代の安全率をどう捉えるか?


投資で一番難しいのはここ、つまりハイ&ローを理解することなのです。 多くの企業のビジネスモデルは、小さな会社が長い時間をかけてピークを迎え、長い時間をかけて消えていく、倒産するという放物線を描いています。

人工知能とビッグデータの時代となった現在、数年でピークを迎えたJindo、Pimlico、Meituanなど、多くの企業のビジネスモデルが大きく変化しています。 線の左側では、これらの企業は損失を出しており、伝統的な安全マージンの観点からは投資すべきではありません。 このような企業に投資しなければ、素晴らしい時期を逃すことになるでしょうし、投資してもボラティリティーが高くなるでしょう。 投資はとても難しいビジネスです。

世界で一番「雪だるま」ができるのは、アメリカと中国

ウォーレン・バフェットは、人生は雪だるま式に進むようなものだと言っています。大切なのは、十分に湿った雪と長い斜面を見つけることです。 私は世界のさまざまな国を旅してきましたが、アルゼンチンでは中国人1人の効率がアルゼンチン人3~5人の効率に相当しますし、中国ほど14億人がお金儲けを信じている国はありません。 中国ほど14億人もの人々が信仰心を持ってお金を稼いでいる国はありません。 中国は戦争が頻発した歴史を持っていますが、数十年の平和な時代を経て、中国人は世界で最も多く、あるいは2番目に多くの富を蓄積しており、この社会的富の増加を担える企業があるはずで、それが中国への投資の基本となっています。

まとめ

中国の経済的な発展は疑いようのないものになっています。日本から中国に投資するためには香港株経由が基本となり、もっとも注目すべきはBATでしょう。いろいろなセクターが伸びていますが、ソフトウェアのセクターは粗利率が高いためGAFAMの例のような巨大な企業になりうる可能性があります。中国当局は会社が大きくなり過ぎないようにいろいろ規制をかけていますが、中国企業の成長は止まらないと考えています。これから発展してくる東南アジアやインドなどでも中国企業は存在感を高めており、今後も発展していく事でしょう。

世界中の金が集まる国に投資をすれば必然とお金が儲かる事になります。今まではアメリカ1極でしたが、これからは中国の株式市場にも世界中から資金が集まることになると思われます。BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)のように巨大かつ素晴らしいテクノロジーを持った企業が中国には多数あり、アメリカのNasdaqのように毎年株価が高値更新されるようになるのも時間の問題と言えます。バイトダンスやZoomのように中国から世界を席巻する企業がこれからも出てくるのでしょうか?中国の株式市場を今後も注視していきたい。

出典

http://quote.eastmoney.com/gb/zsHSI.html

Finra、経費報告書の問題で元ゴールドマン・サックスのバンカーを追放

ゴールドマンは、不正確な事業費精算報告書の疑惑に直面した後、2019年にJared Ailstockを解雇していました。命令書によると、Finraは、この問題の調査に証言するために出頭しなかったため、Ailstockを禁止した。

ゴールドマン・サックスの元銀行員は、調査への協力を怠ったため、昨日、米国金融業界規制機構(Financial Industry Regulatory Authority Inc)から取引禁止処分を受けました。

これに先立つ2019年、ゴールドマンは、銀行員のジャレッド・アイルストックが不正確な事業費精算報告書の疑惑に直面したため、彼のFinra BrokerCheckプロフィールによると、彼を「除名」、つまり解雇していました。

Finraは、この問題の調査において証言に現れなかったため、Ailstockを出入り禁止にしたと報じられています。業界の自主規制機関であるFinraは、登録された担当者が会社から解雇された場合に問い合わせを行います。

Ailstockが2015年から2019年末まで勤務していたゴールドマンに在籍していた際に、どのような種類の業務費が問題になったのかは明らかになっていない。

彼のBrokerCheckレポートによると、Ailstockは、”本人が経費精算プランを利用して取り組むことに同意したビジネス経費精算の不正確な提出物に関する疑惑 “に直面した後、ゴールドマンから解雇されました。

エイルストックと彼の弁護士であるエイドリアン・M・ウォードは、金曜日のコメントの電話に応じませんでした。また、ゴールドマン・サックスの広報担当者もコメントを求められませんでした。

コメント

Finraとはアメリカで投資家保護や取引の透明性を不正の摘発を行っている民間組織であり、アメリカで証券ブローカー業務を行う際には登録が必要な機関となっている。Finraから出入り禁止になるということはアメリカの証券業界からの出入り禁止を言い渡されることになるためAilstock氏は非常に厳しい立場となった。ゴールドマンサックスと言えば1MDBをめぐる巨額汚職事件で29億ドルの制裁金が米司法当局より言い渡されたことが記憶に新しい。米司法当局だけではなく、SFC(香港の証券先物事務監察委員会)、FCA(英国の金融行為監督機構)、MAS(シンガポール金融通貨庁)にも制裁をくわえられた。1MDBはマレーシアの元ナジブ首相が立ち上げたファンドでタックスヘイブンを利用し、賄賂や個人用の不動産の購入に資金が使われた。45億ドル以上がマネーロンダリングされ資金流出したとされている。ゴールドマン・サックスと言えば世界でも有数な金融機関であるが、不祥事が立て続けに起きているため、今後に注視したい。

出典

https://www.thinkadvisor.com/2021/04/09/finra-bars-ex-goldman-rep-over-expense-reimbursement/